中野博エコブランディング :ブログ Hiroshi Nakano Blog


by nakanohiroshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

現代の諸葛孔明が教える帝王學

現代の諸葛孔明に学ぶ【THE帝王學】
信和義塾大學のリーダー育成講座として、もっとも人気あるけど、
入学が難しい【帝王學】講座をあなたも体験してみませんか?

<帝王學があなたにもたらすもの>
「帝王學」とは何か。それは、東洋哲学から導かれた「時代を読み、人の才を活かす」學問です。すなわち、リスクの到来時期を知り、これに備え、人財を育成し、適材適所 の心得と極意を知る。いわば企業経営者として身に付けなければならない 「先見の明」と、「経営マネジメント」の學問です。

この「帝王學」が特徴的なところは、日本の先人たちが創り上げた武士道と、経営哲学を学び、その根源にある思想を知ることによって、個人の人格、企業としての品格を高めていく學問であることです。実際、学ぶテーマは多岐にわたりますが、たとえば、「利益最優先主義の西洋的経営思考」から、かつての日本がそうであったように、「他者を慮る東洋的経営思考」への回帰です。

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズは「禅」を学んだ企業家であり、P・F・ドラッカーは「渋沢栄一」をはじめとする日本の経営者を研究し、自らの理論を組み立てました。彼らはこの日本から多くのことを学び、自らの事業や理念を創り上げたのです。
しかし、今を生きる私たち日本人は、この日本を創り上げた先人達から何を学んできたのでしょうか?

現代の経営では、エネルギーや環境問題まで含めれば、経営者にはまさに全地球的な視点が求められる時代。こんな時代にこそ、他を排し、自利を極端に追求する経営思想ではなく、他の利益をも慮る東洋的思想を併せ持つ「真の経営哲学」の実践と、「互いに繁栄する経済」が必要です。

「帝王學」は、日本人の私たちが、自らの人格を磨いて企業を発展させ、先人の叡智と経営哲学を学ぶ現代の寺小屋であり、学び舎です。経営者の方、経営幹部の方、向上心を持つ従業員の方、これから起業を目指す方、ご愛顧されるビジネスを創造したい方は、ぜひご参加下さい。

吉田松陰のように幅広い知識と思想を持ち、諸葛孔明然とした先生の話に大きな刺激を受けることでしょう。

http://www.gocoo.info/teiogaku/taiken
[PR]
by nakanohiroshi | 2015-10-27 15:25 | 帝王學