中野博エコブランディング :ブログ Hiroshi Nakano Blog


by nakanohiroshi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

炎天下は続くよどこまでも、まだわからないの?

中野博の書籍より紹介しちゃおう。

【全国で相次ぐ駐車内の熱中症死、親の無知か故意か?】
 昨年、駐車中の車内に置き去りにされて死亡した幼児5人のうち4人は、保護者がパチンコに熱中しているうちに熱中症などで死亡していたことが、警察庁のまとめでわかった。
 これを受け、同庁ではパチンコの業界団体に対し、初めて再発防止への協力を要請するとともに、全国の都道府県警にも対策強化を指示した。
 同庁によると、昨年、児童虐待事件で死亡した14歳以下の子ども42人について調べたところ、保護者が子どもを車内に置き去りにしていたケースが5人にのぼった。いずれも3歳以下の幼児で、このうち4人はパチンコ店の駐車場に止めていた車の中で、熱中症などが原因で死亡していた。
 昨年3月、静岡県浜北市で、1歳3か月の女児が死亡した事件では、母親(24)が窓を閉め切った軽乗用車内に女児を残したまま、約6時間もスロットマシンに熱中していた。母親は、この事件までに、女児を10回ほど車内に放置してパチンコ店に入り、従業員や警察官から度々注意を受けていた。
 長野県飯田市で昨年4月、生後9か月の男児が死亡した事件でも、母親(25)がパチンコ台の前に座っていたのは約8時間半に及んだ。
 警察庁では今回、パチンコの業界団体に対し、パチンコ店の従業員が駐車場を定期的に巡回するなどの対策を求めているが、昨年8月に福島県会津若松市で起きた事件では、店側が2時間ごとに駐車場を見回っていたのに、後部座席で倒れていた男児(3)を発見できなかった。このため、子ども連れで来店する客には、子どもを車内に残す危険性を店内放送やポスターで呼びかけることも要望している。
 日本自動車連盟(JAF)が、幼児と同体形の人形をチャイルドシートに装着して実験したデータでは、気温25度で、エアコンを止めて窓を閉めた場合、直射日光を浴びた人形の後頭部は、15分後には50度まで上昇していた。
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-08-11 14:53 | シックカー(自動車室内汚染)