中野博エコブランディング :ブログ Hiroshi Nakano Blog


by nakanohiroshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:感動のサービス( 4 )

近況報告です。

「サービスはかけ算」が4刷りとなりました!

 アマゾンで1位を取った日を含め、100位以内を100日連続した
作品だけに、この4刷りはうれしいですね。

 取材も雑誌から2本受けました。


 そうそう、今度の日曜日 20日の19時から J-waveに出演します

 環境ジャーナリスト@中野博の「ニューヨークを語る!」

 出番は19;20前後で、1人で5-6分話をしています。

 エリア的に聞けそうなかた、ぜひ、チェックしてみてくださいね!
[PR]
by nakanohiroshi | 2009-09-17 21:16 | 感動のサービス

毎日お読みいただき、ありがとうございます!

7月3日に今年2冊目・通算15冊目の本が出ます。

 現在はアマゾンや全国各書店で予約中です。

タイトルは『サービスはかけ算!』(東洋経済新報社)です。

 今回は『サービス力』でブランド会社に成長し続けていることで
注目されている都田建設(静岡県・浜松市)の社長との共著です。

 この本は私の中で、一番読まれたくない本ですが、たいせつな
このブログの読者の方に 出版までの経緯を白状します。

 ジャーナリストであり、コンサルタントの私としては、自分のキャラ
でもなく、むしろ苦手分野を克服するために「サービス」の分野に集中して、
必死で書きあげたものです。

 この本を誰のために書いたのか、それは5年前の自分です。

 わたしはホント、この本の「はじめに」でも書きましたが、
超・傲慢な男ですからね。

『エコでない会社はすべてダメ!』とか『環境破壊する会社は未来において、
存在意義はない!』と叫んでいたわけですからね。特に2004年までの私は
めちゃくちゃで、客を客と思わず、高飛車だけが売り、みたいな 
嫌なヤツでしたからね。

 ま、そんな経験があるからこそ、この本を書きながら、すこし 
いい人に 進化できました。

 ま、そんなわけで、傲慢な私の卒業論文のようなものです。


 この本は次の3つのタイプの方向けです。

1:仕事がうまくいっている経営者の方
2:繁盛しているコンサルタントの方
3:最近、お客さんが減り始めて 焦っているかた(経営者含む)


サービスは「かけ算」! 中野 博 蓬台浩明 共著 価格:¥ 1,575
http://www.amazon.co.jp/dp/4492501967/ref=nosim/?tag=nakanoecolife-22

 ご関心ある方は、ぜひ、本を読んでくださいね!

 発売日には なんとか、アマゾンでベスト10入りを目指します。

 可能な範囲でご協力お願いします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【認定アドヴァイザー・プログラム発売!】→人気上昇中です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 エコプランナーはじめ、エコ関連の資格を持っている方が
かなり多くなってきました。

 このメルマガの読者の方の中で、エコ関連の資格を持っている方や
エコ検定の勉強をしている方も増えてきました。

 もちろん、資格も検定もうけていないけれど、エコを武器に
してコンサルタントで生計を立てていきたい!とする方などからも
相談が増えてきています。

「どのようにしたら 中野先生のように本を出版できて、
全国各地で講演できて、マスコミにも登場できるようになれますか、
あと、夢ですが、海外取材にもいけるような身分になりたい!」

 多くの方々の声をまとめますと、このような声になります。

 じつは、以前から 「私のノウハウを必要とする方々に
教えてエコライフアドヴァイザーを育てよう!」という気持ちはありました。

 それがこのメルマガの読者が毎月増えるたびに、希望者が増えて
きました。

たとえば、
20代後半でエコを武器にしたコンサルタントでデビューを考えているAさん。

30代で脱サラをしてMBAまで持っているけれど、仕事がとれないBさん。

40代で大企業を退職してエコの講師で地元で活躍されているCさん。

50代で経営者でありながら、エコのコンサルタントデビューもしたいと
本気で相談していただいたDさん。

60代で第2の人生を全国各地で講演旅行したいと妄想を抱いている
Eさんなど、

実に多くの方から相談を受けてきました。

 これまで、14名の方から直接相談を受けて感じたのは、ズバリ
「エコで稼ぐ!」具体的な方法を教えてほしい、仕事を紹介して
欲しい!というのが本音のようです。

 だから、私は考えて決断しました。

好きなエコを武器にして本気で「稼げる エコライフアドヴァイザー」
を育成するプログラムを作成しましたので、本気であなたがエコを武器に
してプロになって稼ぎたい方は、下記をじっくりお読みください。

 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 今回は号外としてエコライフ研究所が責任をもって認定させて
いただきます エコライフアドヴァイザーになりたい方向けの
プログラムを発売します。

 発売って?

 はい、私・中野博がこのプログラムの概要とメリットなどを
自ら解説したDVD(37分収録)に加えて10ページの解説書を
発売させていただきます。

【エコライフ研究所認定アドヴァイザー・プログラムDVD+資料】
≪DVD+資料に収録されている概要≫
 1:エコライフ研究所認定アドヴァイザーとは何か?
 2:エコライフ研究所認定アドヴァイザーになるメリット。
 3:エコ関係でコンサルタントやジャーナリストになる方法。
 4:エコを武器にしたプロフェッショナルの条件とは何か?
 5:あなたがプロとして活躍するために必要な3つのスキル。
 6:中野博が教える「書き方」「話し方」「メディア対応」

 以上がコンパクトに収録されています。
【エコライフ研究所認定アドヴァイザー・プログラムDVD+資料】
 先行予約期間 2009年6月30日まで
 先行予約価格 3,900円(消費税・送料込み)

 ご興味のある方は、下記フォームにご記入いただき送信
くださいね。

【エコライフ研究所認定アドヴァイザー・プログラムDVD+資料】
http://form.mag2.com/miawrioche
[PR]
by nakanohiroshi | 2009-07-01 22:12 | 感動のサービス
 昨年、仕事でソウルに行く際に、縁あってリッツカールトンに宿泊した。

かなり印象もよく、ソウルに行ったら泊まろうと思って、さきほど ソウルにいき、またもやリッツに宿泊した。

運がいいことに 部屋を無料でアップグレイドしてくれていたので、ジュニアスイーツに!

 せっかくなので、私としては珍しく部屋の撮影をしてきたので、10枚ほど紹介しよう!

 まずは、玄関、その後、部屋の写真です。さまざまな場所を撮影したので、泊まった気になってくださいね!

 ちなみに、ソウルのリッツは世界で一番安いことは私が断言しよう!

このホテルで ある原稿が完成しかけています。


c0004180_2142165.jpg




c0004180_21342581.jpg



c0004180_21353499.jpg



c0004180_21381468.jpg



c0004180_21385168.jpg



c0004180_21431710.jpg



c0004180_21434444.jpg



c0004180_21442694.jpg




c0004180_21445520.jpg



c0004180_21453336.jpg



c0004180_2146569.jpg


[PR]
by nakanohiroshi | 2009-04-25 21:45 | 感動のサービス
 ファンの方からファンレターやメールをいただき、いつも私は感謝でいっぱいだ。
今年も6名のファンの方からチョコレートをいただいた。
 とは言っても、私は毎年バレンタインデーの日には日本にいないので、事務所の社員から報告を受けるばかりで、帰国してから楽しくいただいている。

 今年も私は原稿執筆のホテルにこもるため、アメリカに来ている。
刺激と発想力を豊かにするためだ。

 今回の本のテーマの内容はまだ公開できないけれど、あつかう材料は家づくりと感動サービスの提供に関して。

 この本に取り組み始めて、すでに半年が経過した。

 今まで、ため込んできた原稿、リサーチ結果や取材の内容などを収録してきたけれど、あまりにも盛りだくさんになりすぎてきたために、読者が混乱するかもしれない。

 そこで、最後が追い込みの編集作業的、原稿の絞込みと魂を入れていく作家業務の開始だ。

 この本を書くきっかけは、素晴らしい住宅会社との出会いから。

 感動のエピソードや実際にお客様を大切にする真心と知恵力のサービス提供。

 この点にプロになりきる点が秀逸。

 ディズニーやリッツホテルのサービスをいつかはこえるくらいの 内容だ。

 これを地方の工務店が行っている。

 わたしはこの会社の社長との共著と言うスタイルで、発表していく。

 あなたが家を建てるのであれば、きっとお願いしたい会社に違いない。

 日本全国3000社の住宅会社を知る私が言うのだから、間違いない!
[PR]
by nakanohiroshi | 2008-02-17 06:05 | 感動のサービス