中野博エコブランディング :ブログ Hiroshi Nakano Blog


by nakanohiroshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:帝王學( 6 )

中野博と帝王學

かなり久しぶりのブログ更新です!ご無沙汰してました。
この7年間、中野は『環境』とは違うテーマやジャンルにつき、
多大なる時間をかけて研究を重ねてきました。

 その中でも【帝王學】にはまりました。
この学問はあまりにも範囲が広くて奥が深いため、
かなり時間をかけて研究を重ねつつも、理解するまでに時間がかかりました(汗)。
 
 私が27年前に『環境問題』に出会い、『環境」テーマに必死に研究して取材して、
理解するまでに時間がかかっていたことに類似するほど、
この【帝王學】には多くのエネルギーと時間を要してきたのです。
 そのため、メルマガやブログや書籍執筆にかける時間がとれず(言い訳ですが(苦笑))、
ただひたすら【帝王學】の研究調査に邁進してきました。

 とはいえ、『環境』をテーマとする仕事や環境商品開発をしてなかったわけではありません。
実は、『環境』をテーマとする仕事や環境商品開発には大企業や政府レベルでの仕事に取り組んでいました。
しかし、大企業も政府も守秘義務が厳格につき、私たちは秘密プロジェクトを抱えすぎていたために、
表現活動の一切を停止しており、現在もその停止状態ではあります。

 さきほど述べたとおり、中野博は『環境』や『自然科学』や『健康』テーマの研究から東洋医学、東洋哲学、
東洋思想などに興味を持ち、結果として【帝王學】にたどり着き、研究を重ねつつ、講座も開講してきました。

 もちろん、エコライフ研究所ではなく、別会社である株式会社ゴクーでのビジネス展開です。
株式会社ゴクーでは、【帝王學】のエッセンスを学んでいただくための講座も6年前に開講し、
現在は、帝王學実践講座として開催しています。詳細は下記サイトをごらんください。
 http://www.gocoo.info/jissen-teiougaku/

 このように、帝王學実践講座を開催したり、信和義塾大學校を世界各地で開催しているのは、
ズバリ、AI時代に活躍できる人材づくりです。
 AIと共存すると言う新しい時代を切り拓く人材づくりのために信和義塾大學校も設立して、
中野博はファウンダー(創設者)兼初代理事長兼塾長として5年前から講義もしています。
 その中で、特に重要なテーマや問題だけを抽出し、本を出版しました。

 帝王學に出会って7年半、5年ほど前より信和義塾大學校で【帝王學】のエッセンスを伝え続け、
塾生たちからのフィードバックをもらいながらさらに研究して、ようやく本が書けるレベルにまで
なりました。
 今年の3月下旬に出版されてから、各書店でベストセラーランキング入りして、増刷となり、
いまだ、売れています!
 ぜひ、中野博がもがいてきて、このメルマガやブログや本をあまり
書かなかった5年間の思いが詰まっていますので、ぜひお読みくださいね!

中野博通算29冊目
『成功者はなぜ、帝王學を学ぶのか』中野 博 著 価格:1620円(税込、送料無料)

楽天Bookならポイントも貯まります。
https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0e176b46.915adf3b.0e176b47.0d6c5766/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F14786953%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F18461455%2F&link_type=picttext&ut

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【98万人ファン突破!中野博の公式ページ(個人部門日本一!)】
http://www.facebook.com/nakano.hiroshi

中野博通算29冊目
『成功者はなぜ、帝王學を学ぶのか』中野 博 著 価格:1620円(税込、送料無料)

楽天Bookならポイントも貯まります。
https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0e176b46.915adf3b.0e176b47.0d6c5766/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F14786953%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F18461455%2F&link_type=picttext&ut

[PR]
by nakanohiroshi | 2017-08-17 12:01 | 帝王學
【なぜ三越の屋上には神社があるのか?】
創業343年目を迎える《三越》は1673年に呉服店の「越後屋」(ゑちごや)として創業し、「店前現銀売り(たなさきげんきんうり)」や「現銀掛値無し(げんきんかけねなし)」など、当時では画期的な商法を次々と打ち出して名をはせた。当時富裕層だけのものだった呉服を、ひろく一般市民のものにしたことで知られています。

ところで、
【あなたは、なぜ《三越》が343年もの「時を超えて愛され続けてきた」
理由をご存知ですか?】

 わたしたち信和義塾大學校ではこの点、塾生にしっかりと考えてもらいながら意見交換をします。
 大丈夫です!みなさん、日本人の頭脳は素晴らしいものを持っていますし、なにより【心で考えれば】察しはつくものなんですよ。
 さて、何だと思いますか?

 そうですね!
答えの1つは、《三越の愛が大きいこと!》つまり、お客様を心底大事にしてきた企業姿勢があります。だからこそ、お客様にも愛されて来たのです、これを【ご愛顧】と言います。
 参考までに、信和義塾大學校のリーダー養成クラス『THE帝王學』の教科書より、こんな素敵な話がありますので、一部を紹介しますね。
『三井財閥の基礎を築いた創業の母・三井殊法(しゅほう)さんの愛(1590~1676)を紹介します。
三井殊法(しゅほう)さんアドバイスや手伝いのレベルを超えて、大きな理念を打ち立てて自家を隆盛に導いた。彼女は子供たちに「お客様は仏様だ」と教えた。「お客様は、その徳を私たちに差し出して、飢え死にしないように養ってくださるありがたい存在なのだ」という考え方を従業員一同に徹底させて、身分制度の厳しい時代に分け隔てなく、サービスと画期的な経営に勤め三井家の商売の原点となる。
江戸の時代から求心力を持つ街には、人々を魅了し集める愛の枢軸(コア)があります。銀座と日本橋に人々の心を集めた愛の拠点が三越の屋上に鎮座しています。』
《信和義塾大學校『帝王學講座』教科書より抜粋》

いかがですか?少しは参考になりましたか?

では、今日の質問に対する回答をお伝えしましょう。

【なぜ三越の屋上には神社があるのか?】
この答えは【信仰心(しんこうしん)】です!

信仰心がない会社はたとえ、30年間程度は栄えたとしても、100年を超えて栄える事はありません。ましてや、300年間もの時を超えて栄えるには【信仰心】は当たり前なのです。
 日本では、100年以上の企業が24,000社以上あり、世界でダントツですが、その理由の1つには【信仰心】があります。(信和義塾大學校の教科書より)
[PR]
by nakanohiroshi | 2016-01-03 07:31 | 帝王學
【桃太郎と孫悟空と帝王學の関係とは?】
ハリウッドから、脚本の勉強もしている旅人作家のヒロシです!世界中の神話や物語や学問を徹底的に研究しているハリウッド映画の一流の脚本家たちは、最近とくに東洋の學問を深く研究しているらしい。

例えば【輪廻転生(りんねてんしょう)】(インド哲学:仏教の根幹)を研究した結果、映画にした《クラウドアトラス》
例えば【六根清浄(ろっこんしょうじょう)】(仏教の根幹:中国哲学)を研究した結果、映画にした《マトリックス》

ハリウッドで聞いた噂によると、いよいよ、あの【桃太郎】と【孫悟空で有名な《西遊記》】をベースにした映画ができるらしい!(ナイショですよ)
 さて、あなたは、なぜハリウッド映画の脚本家たちが東洋の學問(インド哲学、中国哲学、仏教など)を研究しているのか、想像がつきますか?
 ここハリウッド界隈で小耳にはさんだ【桃太郎と孫悟空と帝王學の関係とは?】少しだけ、ヒントをお伝えしましょう!

 【桃太郎】が従者として連れていった三匹の動物が『猿・鳥・犬』これを十干十二支の學問で言うと、【申・酉・戌】となり、この3つを合わせて【白虎(びゃっこ)】となり、いずれも西方に位置している動物。
孫悟空で有名な《西遊記》とは、中国の高僧である玄奘三蔵(三蔵法師)がインドのナーランダ大學校に経典をいただくために万難を排して歩む物語で長年受け継がれた東洋の神秘と経典をわかりやくストーリー仕立てにしたもの。
 【玄奘三蔵】が従者として連れていった『孫悟空・沙悟浄・猪八戒』の意味は何か?
ヒントは、易経にあり!
 詳しく知りたい方は、ぜひ【帝王學】にて学んでみてください!
まずは、1度だけ無料で体験してみて、内容などをご判断くださいね。
詳細及び申込み手続きは下記にてお願いします。
http://www.gocoo.info/teiogaku/taiken/
[PR]
by nakanohiroshi | 2015-11-21 08:35 | 帝王學
現代の諸葛孔明に学ぶ【THE帝王學】
信和義塾大學のリーダー育成講座として、もっとも人気あるけど、
入学が難しい【帝王學】講座をあなたも体験してみませんか?

<帝王學があなたにもたらすもの>
「帝王學」とは何か。それは、東洋哲学から導かれた「時代を読み、人の才を活かす」學問です。すなわち、リスクの到来時期を知り、これに備え、人財を育成し、適材適所 の心得と極意を知る。いわば企業経営者として身に付けなければならない 「先見の明」と、「経営マネジメント」の學問です。

この「帝王學」が特徴的なところは、日本の先人たちが創り上げた武士道と、経営哲学を学び、その根源にある思想を知ることによって、個人の人格、企業としての品格を高めていく學問であることです。実際、学ぶテーマは多岐にわたりますが、たとえば、「利益最優先主義の西洋的経営思考」から、かつての日本がそうであったように、「他者を慮る東洋的経営思考」への回帰です。

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズは「禅」を学んだ企業家であり、P・F・ドラッカーは「渋沢栄一」をはじめとする日本の経営者を研究し、自らの理論を組み立てました。彼らはこの日本から多くのことを学び、自らの事業や理念を創り上げたのです。
しかし、今を生きる私たち日本人は、この日本を創り上げた先人達から何を学んできたのでしょうか?

現代の経営では、エネルギーや環境問題まで含めれば、経営者にはまさに全地球的な視点が求められる時代。こんな時代にこそ、他を排し、自利を極端に追求する経営思想ではなく、他の利益をも慮る東洋的思想を併せ持つ「真の経営哲学」の実践と、「互いに繁栄する経済」が必要です。

「帝王學」は、日本人の私たちが、自らの人格を磨いて企業を発展させ、先人の叡智と経営哲学を学ぶ現代の寺小屋であり、学び舎です。経営者の方、経営幹部の方、向上心を持つ従業員の方、これから起業を目指す方、ご愛顧されるビジネスを創造したい方は、ぜひご参加下さい。

吉田松陰のように幅広い知識と思想を持ち、諸葛孔明然とした先生の話に大きな刺激を受けることでしょう。

http://www.gocoo.info/teiogaku/taiken
[PR]
by nakanohiroshi | 2015-10-27 15:25 | 帝王學
【帝王學の体験講座は満員御礼】となりましたので、ご参加の受付は
終了いたしました。しかし、今回募集の第11期生は11月11日に開講しますので、
今回チャンスを逃した方はご安心ください。
 次回11月11日の第1回目の講座のみ、無料で体験受講ができます。
【帝王學】にご関心のある方は、この機会体験してみませんか?
来週月曜日(10月19日に)に詳細及び申込み手続きのページがアップしますので
よろしくお願いします。(現時点での予告ページが下記です)
http://www.gocoo.info/teiogaku/taiken
[PR]
by nakanohiroshi | 2015-10-17 07:30 | 帝王學
帝王學では、なぜ 易経までも学ぶのか?

Q1:あなたは日本人ですか?
そうであれば日本人とは、どんな存在なのか?答えられますか?

Q2:日本とはどんな価値がある国なのか答えられますか?

私たちが主宰する《信和義塾大學校》での最高峰【帝王學講座】は
日本人としてのプライドを持ったリーダー育成研修プログラムです。

もし、あなたが『日本人とは何か?』 『日本とは何か?』興味があれば、
【帝王學】に触れてみませんか?

「帝王學」とは何か?
それは、東洋哲学から導かれた「時代を読み、人の才を活かす」學問です。
現在においては、帝王学は、日本人の私たちが、自らの人格を磨いて企業を発展させ、先人の叡智と経営哲学です。

すなわち、リスクの到来時期を知り、これに備え、人財を育成し、適材適所 の心得と極意を知る。いわば企業経営者として身に付けなければならない 「先見の明」と、「経営マネジメント」の學問です。

この「帝王學」が特徴的なところは、日本の先人たちが創り上げた武士道と、経営哲学を学び、その根源にある思想を知ることによって、個人の人格、企業としての品格を高めていく學問であることです。

経営者の方、経営幹部の方、向上心を持つ従業員の方、これから起業を目指す方、ご愛顧されるビジネスを創造したい方は、ぜひご参加下さい。

吉田松陰のように幅広い知識と思想を持ち、諸葛孔明然とした先生の話に大きな刺激を受けることでしょう。

武士道精神から孫子の兵法、さらには世界に通じる経営哲学を学びたい方はぜひ無料体験に参加してみませんか?

開催日=2015年10月21日(水)
時間=13:15~16:40 講義時間
詳細及び申込み込み手続きは下記です。

http://www.gocoo.info/teiogaku/taiken/
[PR]
by nakanohiroshi | 2015-10-13 05:50 | 帝王學