中野博エコブランディング :ブログ Hiroshi Nakano Blog


by nakanohiroshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

c0004180_18194493.jpg


アメリカでのロハスLOHASな事例を取材していると、本当に驚くような人物に出会うことが多い。日本でも有名なディカプリオもそうだけど、俳優・女優に限らず、いわゆる「セレブ」と言われている富裕層には、ロハス層が多いよね。
 そうそう、西海岸を取材中、どうしてもまた見たくなったので、グランドキャニオンに行ってしまった。友達に頼んで、はい、チーズ!
 ラスベガスでは数多くのコンベンションが開催されていることは、ご存知かな?ギャンブルだけではないんですよ、ベガスの魅力は、さまざまなセミナーやイベントが豊富で、仕事で必要な取材活動もけっこう効率よくできるので、イベントやコンベンション内容は、要チェック、ところで、この写真、フランスのパリをパロッテルよね!
 そうなんです、ベガスは世界各地をイメージした建物が豊富なので、面白いよ!
[PR]
by nakanohiroshi | 2005-12-30 18:32
 ある時は、環境ジャーナリストとして世界各地を歩き、ある時は、環境経営コンサルタントとして、国内各地の企業や自治体を訪れ、ある時は、単なる旅人として 世界を闊歩する。
 ロハスについての取材活動をする前は、ひたすらエコロジーな取り組みばかりを10年前からしていた。
 ロハスの思想・キーワードに出会ったのは、ちょうど2000年だった。でも、その頃は、カタカナにはなっていなかったし、文化の創造者!と言う意識だった。
c0004180_1820343.jpg


 もちろん、出典はポールレイ氏の本だよね。原書で読んでます。(当たり前か、翻訳されていないからね)
 そうそう、このパリの写真は2000年のミレニアムにアメリカのロハスの取材のあとに訪れたパリのエッフェル塔。昼もいいけど、夜は一段ときれいだよ!
c0004180_18193824.jpg


 パリと言えば、定番の美術館めぐり、私は5回ほどパリは訪れているが、やっぱりこの「モナリザの微笑み」に会いたくて、毎回彼女に会いに行ってしまう。あー、そうそう、知らない向けに一言説明します。
 この写真は正々堂々とフラッシュなしで撮影しています、ルーブル美術館ではほとんどの絵画を撮影できちゃうのです。
c0004180_1824378.jpg


 これは、トレビアン!あまりじっと見ないデー、なんて言うんでしょうか?!
c0004180_18241869.jpg


 ある場所から撮影した凱旋門。ナポレオンは今考えると、ロハスな都市計画をしていたんですよね、凱旋門はもちろん、登れますので、パリに行ったら、エッフェル塔だけでなく、凱旋門も上がっちゃいましょう!私の娘(小2)でも上がれたほどです、ホントはきついです、はい。
 ただし、凱旋門の頂上から見下ろすと、いかに都市計画・デザインが重要かが、よくわかります、日本の都市計画担当の方は、真剣に考えて欲しいですよね。
c0004180_18245531.jpg


 ロハスといえば、マルセイユでしょう。石鹸だけじゃないよ、この町の良さわ。
マルセイユの聖堂から町を見下ろして、はいパチリ!
[PR]
by nakanohiroshi | 2005-12-29 18:51
c0004180_1434391.jpg


 ゴルフをはじめて2年間が経過、今年は自分なりに時間をやりくりして、いろんな方々とゴルフを楽しんだ1年でもあった。スコアも100を切ることができ、安定して90台で回れるようになった。
 そうそう、写真に写っているのは、友人の森本貴義さん。彼はシアトルマリナーズのスポーツコンディショニングトレーナーであり、あの世界のイチローとはオリックス時代からの同期の桜。
 イチローの成長を陰ながら、支えた方々の一人である。

 森本さんは、現在一時帰国しているけど、来年のキャンプの前にはシアトルに戻り、また長い、長ーい、ベースボールのシーズンに突入。このゴルフの写真は貴重な映像である。
[PR]
by nakanohiroshi | 2005-12-19 14:47 | 今日の出来事
c0004180_108582.jpg


 世界の青木功プロと昨日はゴルフをしちゃった!
というのは、大げさですが、アメリカンエクスプレス主催のチャリティーゴルフコンペがあったので、参加してきました。15番ホールのショートコースでは実際に青木プロとニアピン賞をかけて戦うのですが、当然のごとく、私の負け。負けると寄付です。
 青木プロが現在、力をれているのが、『ジュニアの育成』。
 ジュニアを盛り上げるために、このようなチャリティーコンペをしたり、オークションをしたりして収益をあげ、その収益をジュニア育成ファンドにまわしているとのこと。
 昨日は女性の部で見事優勝したのが、たまたまジュニアであり、彼女はニアピン賞もとるなど数々の賞品を手に入れてご機嫌であったので、いっしょに撮影をしてもらいました。

 はは、わたしの娘ですが。
c0004180_1084111.jpg


チャリティーオークション大会、ならびに成績発表会に入る前の青木プロの挨拶をとろうとしたら、西日につき、肝心のプロの顔が見えないが、主催者の看板はバッチリ写りましたね。
 アメリカンエクスプレス主催の今回のチャリティーゴルフはこれで4回だそうですが、来年も行う予定なので、青木プロと直接はなしがしたい方や、1回だけでもプロと勝負をしたい方には、お勧めです。
[PR]
by nakanohiroshi | 2005-12-18 10:21 | 今日の出来事
c0004180_1341444.jpg


 本来マーケティング用語として1999年頃アメリカで生れた「ロハス(LOHAS)」と言う造語はエコライフと、何がどう違うのであろうか?
 ちまたのビジネスマンの評価は「エコは真面目で難しいから、きついけど、ロハスはプチ・エコだから、気軽だよねー。消費者にはロハスがちょうどいいや!」なんて、真剣に会議で発言がでるほど。
c0004180_13411919.jpg


 ビジネスとしてロハスを展開している企業、便乗しようとしている企業は、何でもいいから、売れればいい!という思考回路なんだよね。
 この数年間、世界中でいろんな人たちと会い、環境をテーマにも数多くの会議や研修をしてきたけど、やっぱり、「売るためのシナリオ」探しをエコロジーにもとめ、エコライフはちょっと手が届かないから、とりあえず「ロハス」でいくか!と言う笑い話も多いが、彼らは真剣だ。
[PR]
by nakanohiroshi | 2005-12-13 14:24 | 今日の出来事
c0004180_15471529.jpg


 スイスはジュネーブに暮らしている伊藤君は、さすがに今回の「28会」は参加できなくて残念だったなー。
 この28会は、今回で20周年を迎える、それはめでたいめでたい催し物なのだが、私は今回は幹事だったので、世界のどこにいても駆けつけていけるようにスタンバイしていた。私以上につわものは、志村(某シンクタンク勤務)で彼はなんとニューヨーク帰国してそのまま駆けつけている!まー、早稲田大学時代に世界の放浪の旅をした仲間達が「また会おう!」を目的に、じゃー、毎年12月の第2土曜日に会おう!と20年前に決まり、その後、1度も絶えることなく、続いている不思議な会なんだな、これが。

c0004180_15473928.jpg


 ところで、なんで「28会」なのか?実は名づけの親は恥ずかしながら、この私で、単純にその旅のクラブが始まって、私たち同期はなんと28代目と言う、なんともマー縁起の良い代であり、私が入会したときは「プラザ合意」で円高基調となり、当時の極楽トンボの学生には、最高の世界へ向けての旅が追い風だったんだよなー。
 その時は、株式市場も絶好調で、私だけでなく、何人かの部員も株式売買で儲けたお金で世界をバックパッカーとして一人で放浪する(当時はそれがカッコいい時代!)奴らがたくさんいたなー。
c0004180_1548369.jpg


 俺たちの28会の中には、女性が6名いたが、早稲田の学生としては3名であり、この女性は通称「おゆう」と言い、確か20回連続参加の可能性が高い!しまった、聞き忘れたので、コメントを入れてくれー。隣のあんだちも、それに近い。その隣の、寺崎は俺とほぼ同じ出席率90%くらい。なぜか、この28会は出席率が高くて、毎回驚くが、ここまで来たら、むしろやめるのがもったいないので、最後の一人が残るまで続けて欲しいねー。あと50年は続くかなー?(笑)

c0004180_15482436.jpg


 2人合わせて180キロ超!!!さて、私は何キロ、となりの怪獣は何キロでしょう?となりのトトロのような男は、かわいい後輩であるが、やけに貫禄があるので、証拠写真としてブログに乗ってあげちゃう。
 来年の今くらいには、からだを絞ること!
 ちなみに、私は宣言どおりジム通いを続けており、だいぶ筋肉が蘇ってきたよー。
[PR]
by nakanohiroshi | 2005-12-12 16:11 | 今日の出来事
c0004180_9381526.jpg


 師走は本当に、忙しい人が多いですねー。私はこの時期、実はひまなんです。こんなこと書くと、怒られそうですが、毎年師走の時期はひまでひまで。(笑)
 いろんな方から、声をかけられて、忘年会、パーティーなどに呼ばれるのはうれしいのですが、来年のための数々の仕込みやリラックして体調を整えるのも、この時期です。よく言えば、充電の季節。私が10年前から提唱しているエコショップのオーナーと、ロハスな友人とハイチーズ!あれれ?季節が違う気がするけど、もしかして南半球にいるのでしょうか?
c0004180_9384169.jpg


 ロハスな取材をしている私ですが、さて、私はどこにいるでしょうか?クイズです。見てわかりますか?
c0004180_939377.jpg
 スイス人のツィメルマンさんと、オーストリア遠征でがんばってきたけど、残念ながら大会が中止となってしまった、プロ・スノボードクロスの日本チャンピオンの吉田宏美選手と香港在住のビジネスマンの稲垣さんとハイチーズ!

 
[PR]
by nakanohiroshi | 2005-12-10 09:49 | 今日の出来事
c0004180_14183298.jpg


京都はいいよねー。今週の月曜日は、京都の清水寺、南禅寺、嵐山、嵯峨野などを仕事の合間を縫って、駆け足で楽しんできました!
 この場面は、子供たちがお手玉を外国人女性にやってもらおうと、日本語で交渉して、お手だまを教えている場面、あまりにもかわいかったので、はいパチリ!
c0004180_14185156.jpg


 せっかく、久しぶりに清水寺にきたので、証拠写真をはいぱちり、人に頼めばいいのに、照れくさくて、自分で片手でとったところ、失敗して、顔がきれてしまった。よくあるよね、こういう失敗って。
c0004180_14193677.jpg


 極めつけは、このお寺のライトアップ。京都は至る所でライトアップを行い、観光客を楽しませているけど、やっぱり感動しちゃいました。
 次の2つはその一部です。昨日は当社の全体会議の後、忘年会をやって総勢15名でのパーティーをしたにもかかわらず、写真を1枚もとっていないという大失敗。ちゃんちゃん。有名な方々も来ていたのに、残念!
c0004180_14195279.jpg


[PR]
by nakanohiroshi | 2005-12-08 14:28

中野博の交流日記

c0004180_1445097.jpg


 いやいや、先週末から忘年会やパーティーシーズンに入って、全国の各種場所で楽しんでいます。そのパーティーでのツーショットを紹介します。
 私の憧れ(子ども時代はサッカー少年)の奥寺さん(現在横浜FCの代表)には、かつて私の本に登場していただいたことがあったため、改めてお礼をいいながら、私の書籍を持ってツーショット。
 本当に素敵な方でした。

c0004180_1453246.jpg


 続いては、歌手の小柳さん。これから本格的にデビューするそうです、あの有名な小柳ゆきさんのお姉さんらしい。確かに似ているよね!生演奏を聞かせていただき、いい気分になりました。やっぱり、ライブはいいよね。
c0004180_1451021.jpg


 最後に紹介するのは、あの究極の武道、極真カラテの2年間連続でチャンピオンになった志田清之さん。彼は主催者の依頼によって、ワンポイントの瓦割り、全部で10名くらいの瓦を割る前の気合を入れている場面。その後、あっという間に全部わり、パーティー参加者に照れ笑い?
 いやー、早すぎてシャッターチャンスを逃してしまったなりー。
それにしても、究極の武道家はオーラが違うよね。
 今後、志田さんとはいろいろな意味で仲良くさせていただきます!

 そうだ、現在ボディ改造している私の目標はアスリートになることだけど、武道家精神も彼に鍛えてもらおうーっと。
c0004180_1452247.jpg

 そして、昨晩は、アフィリィエイの女王と言われている和田亜希子さんと未来を語り合いました。なんと、彼女は早稲田大学時代のサークルの後輩、彼女も本を4冊出しているし、本当に頑張っている素敵な女性。
 さーて、今日はお茶ノ水女子大学へ行って、尊敬する先生と女学生らと、楽しくパーティ。何だか、遊んでばかりいるような、今日この頃。でも仕事もバッチリ、です。


[PR]
by nakanohiroshi | 2005-12-06 14:19 | 今日の出来事
c0004180_1617060.jpg


 地球環境問題→エコロジー配慮 BUT エコノミー活動 ANYWAY,自分らしく あるがままに! HOWEVER 美しく、スタイリッシュに。
 うーん。ロハス(LOHAS)って何だろう?
 ロハスな生き方とは?

 ここ数年間、環境ジャーナリストとして取材を続けている中で、多くの消費者や企業、自治体が捜し求めているライフスタイル、一つの流れとして日本人にはなじむロハス。

c0004180_16174116.jpg


ロハスは20世紀末に、アメリカで概念が生れた。

日本では、本来の言葉の概念とは違う意味で、つまり、カタカナとしてのロハスが静かなトレンドとなっている。
[PR]
by nakanohiroshi | 2005-12-02 14:35 | 今日の出来事