中野博エコブランディング :ブログ Hiroshi Nakano Blog


by nakanohiroshi
カレンダー

<   2006年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 いやはや、時の流れは速いもので、この数日間、国内でロハスな企業やロハスな人物を取材で東奔西走。もちろん、本業のコンサルティングでの会議や打ち合わせを行っている内に、あっと言う間にもう、2月も明日で最後。
 今年は、いつになく時の流れが早い気がするのは、年のせいだろうか?
ロハスフォーラム(LOHAS10)への参加準備もそろそろ本格的にしないとなー。
[PR]
by nakanohiroshi | 2006-02-27 20:16 | 今日の出来事
 ロハス(LOHAS)フォーラムの第10回目が4月にアメリカで開催されるけど、日本でロハス(LOHAS)を普及・PRしている各種団体、企業・NPOの方々はどの程度の方々が、このフォーラムに参加するのだろうか?
 本気でロハスを普及したいのなら、いつまでも2次情報や3次情報に頼るのではなく、ロハス(LOHAS)本丸のアメリカで真剣に勉強すべきなんじゃないかな?

 当社・エコライフ研究所としては、ロハスを本気で勉強したい企業や各種団体の方向けに、視察ツアーをやるので、この機会に本気で勉強したい方はぜひ、当社企画ツアーに参加してみてね。
 参考ホームページ
http://www.ecohouse.ne.jp

 (本日アメリカより帰国した中野博でした)
[PR]
by nakanohiroshi | 2006-02-22 22:16 | エコブランディング
 今回のロハスをメインにした取材の最後にきれいな海の写真を紹介しよう。
(失礼!けっこう日に焼けちゃってますね。)
日本で楽しく泳げて遊べるきれいな海はないよね。沖縄とか日本海の一部も季節限定では候補になるけど、やっぱりもぐってみると今一だったりする。
 美しい海は日本でいつか見る日があるのだろうか?
c0004180_14415749.jpg


 こちらのビーチにはアメリカ、ヨーロッパ各国の人たちだけでなく、日本人もけっこうたくさんいた。しかし、大半はハッピーリタイアメント組み。
 働き盛りのビジネスマンももっと大自然で遊ぶといいのでは?
遠くはなれた楽園のような場所から日本を憂うのではないだろうか?
 いかに日本の自然が失われつつあるか、いかに海が汚れているか?
 この汚れた海や川や山や湖をそのままにしておいて、海外の治安も良くて物価も安い国々へただ移動するだけでよいのか?と言う素朴な疑問がわいてくる。
 c0004180_14454974.jpg


 『日本は金を稼ぐところだけど、住むところではないなー!』と60代の数人のオヤジたちが美しいビーチで楽しんでいる。彼らは、年金や退職金などにより時間と自然界を謳歌しているのだが、何かおかしくないか?
 でも、こうしたハッピーリタイアンメントを促しているのも、ロハスだったりするよね。
アメリカにはそういたロハス的なプランを推薦するセミナーや書籍や雑誌がどっさりある。少しロハスにつかりすぎたようだ。
 さー、帰国するぞー。寒い日本へ。
 
[PR]
by nakanohiroshi | 2006-02-21 08:38

ロハスと芸術の関連は?

 子供のころ、私は芸術家になりたかった。作家にもなりたかった、そして一番なりたかったのは、大人だった。
 でも、大人になってみたら、子供になりたくなった。アメリカ人やカリビアンたちと遊んでいると、子供らしさがにじみ出ていて、人生を楽しんでいる感じがした。
c0004180_22212794.jpg


 みんなでふざけでこんな作品を造り、町の美術館どおりに飾った、こんな創作は子供の空想から出ないと、できないのか?
 それとも、大人になっても想像力があれば楽しくできるのか?
ロハスに興味のあるみなさん、芸術の領域でのロハスってなんだかわかります?
c0004180_22281049.jpg


 少し歩けば、こんなに美しい花や樹木が立ち並んでいる大地を歩くと、ロハスに対する価値観も大いに変わるよね、やはり都市生活者がゆえの思想ではないだろうか?
 やはり、この点もエコロジーとは違う気がしてならない。
[PR]
by nakanohiroshi | 2006-02-20 22:32
 大人はいろいろ大変ね、難しい言葉を生み出したり、似たような言葉やキーワードをめぐって対立したり、仕事にしたり。要するに、何がいいたいわけ?
 ロハス、エコ、そんな言葉にこだわっている暇があったら、私たちの地球や未来の社会にたくさんの負の遺産を残すのやめてくれないかなー。
c0004180_1742915.jpg


 わたしたちが大きくなっても、ちゃんと生きられるように今の大人はまじめに将来の事を考えているのかしら?
 中野さん、日本から来て難しいテーマの取材ばかりしていないで、自然の中でゆっくり休んで生いきなさいよ。
 といわれて、はたと気がついた。いったい、私は何のためにロハスを取材しているのだろう?ロハスって取材することなのだろうか?
[PR]
by nakanohiroshi | 2006-02-19 17:45 | エコブランディング
 ロハスな世界観、エコな価値観、うーん、ロハスとエコの交差点はどうも、気分的に分けている気がしてならないし、アメリカ人自らも、エコの出遅れ組みやエコになりきれない属性をロハスでくくっているとも、受け取れるね。
 ロハスをおしゃれに、プチ・セレブにしているのはやはり日本人の仕業なのでは?と感じる今日この頃。帰国後に会うさまざまな日本人のロハスなひとたち、私のロハスに対する考え方をどうか論破してくださいな。
 これだけ長年、地球環境問題、エコワールドやウェルネス、さらには各種健康やロハス的な現象や価値観を取材してきた私としては、どうも日本で起きている異常なロハスブーム(人はこれは大きなトレンドというが。)の真相はいかに?
 面白いからもっと突っ込んで取材しておこう。
[PR]
by nakanohiroshi | 2006-02-18 21:10 | エコブランディング
 中野博です、ロハスというかエコというか、ウェルネスというかもろもろの取材を抱えながら、アメリカのあちらこちらをうろうろしています。
 どこにいるのか、いろいろ聞かれますが、想像してみてください。ヒントは写真です。
外気温は現在28度はあります、最低は20度くらい。いやー、1週間前は最高が3度くらいで最低がマイナス15度くらいだったからな。
c0004180_21251923.jpg


[PR]
by nakanohiroshi | 2006-02-17 21:32 | エコブランディング
 ロハスの取材を続けてもう3年が経過したけど、その裏で実はもっと大きなある取材を行っている。今年、来年と書籍として発表する予定であるので、今は伏せておく。
 ところで、1週間ほど前まで、私はドイツ・ポーランドを旅していた。かの国はメチャくちゃ寒かったので、さすがの私も体調を壊しかけ、帰国した。
 帰国後すぐにセミナーや会議が続いたが、3日目には、日本で流行中のインフルエンザに冒され、ダウン!おまけに足首も捻挫して思うように歩けないなど、散々な日々。あー、冬はつらい。
 このつらい冬の生活から逃れるように、今はアメリカに来ちゃいました。
 アメリカのとある温暖な地域に来ているので、体調は最高です!元気な姿をファンの方へお届けしよう!
 どこで、何をしているか?を言えない(取材内容や場所などは極秘なんだよね)ので、写真で想像してみてくださいね。
c0004180_1938343.jpg


[PR]
by nakanohiroshi | 2006-02-16 19:47 | エコブランディング
 アメリカにきて、ゆっくりと執筆作業にかかったところで、思い出した大事なこと。ブログに書き忘れていたので、ちょっと紹介しよう。
 私が尊敬する大学者のひとりでゴルフの師匠でもある、お茶の水女子大学の大教授・田中辰明先生の退官記念講演会ならびにパーティーが2月14日のバレンタインデーの日に開催され、私も直々のご指名でしたので、参加してきました!
c0004180_21181944.jpg


いやー、先生は優秀な女学生たちに囲まれドイツや北欧との架け橋までされてほんと素晴らしい業績の数々。私は1998年に外断熱の普及のために取材元を教えていただき、ドイツや北欧を開拓させていただきました。
c0004180_2119471.jpg


 田中先生、今後も学問にゴルフによろしくお願いします!アメリカより。
 
[PR]
by nakanohiroshi | 2006-02-14 21:11 | 今日の出来事
 ベルリンの壁にはこれで3度目となる。今までは春と夏にきたが、今回は仕事のついでにまた立ち寄り、3度目だ。もともと東ドイツに囲まれ東の共産圏に囲まれていた西ベルリンは経済的にも寒かっただろうが、冬場の寒さは半端じゃない。
 かつて、観光気分でものめずらしく見学していたベルリンの壁も、この時期に来ると、観光客はほとんどいないし、雪もあちらこちらに見せるせいか、とても恐怖に駆られてしまった。
 c0004180_10385698.jpg


c0004180_10391292.jpg


c0004180_10392759.jpg
[PR]
by nakanohiroshi | 2006-02-09 10:40