中野博エコブランディング :ブログ Hiroshi Nakano Blog


by nakanohiroshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 シックカー対策の車がキューバで走っているとの友人のメール連絡で、キューバに今からむかおうかと考えていたけど、どう考えても、キューバで車を造れるはずもないし、内装材の開発でも無理と決めつけ、キューバを遠くにみつめながら、フロリダの町をころがしていた。
 
 いま、私が乗っているのは、シックカーとは無縁の(?)オープンカーである。もちろん、レンタカーであるが、オープンカーは久しぶりに運転したけど、この開放感がたまらない。

 サンサンと降り注ぐフロリダの太陽、まぶしい海。キャンプでハツラツと汗を流すメジャーリーガー達。うーん、この時期はフロリダ最高だよね。
 
 下の写真は、オープンカーではないので、あしからず!(見ればわかるよね@私の大好きな水上バイクです)

c0004180_1674193.jpg



 ところで、シックカー対策の極めつけ、はやはり昔のような木の内装材とか植物資源を有効活用した内装じゃないのかな?実際に、アマゾンのベンツはすでに植物資源をいかした内装材を開発して使用しているんだしね。
 ちなみに、キューバの友人の話によると、下のような車がシックカー対策の車だとか、うーん、情報が間違って伝達してしまったらしい。

c0004180_168426.jpg



新車は化学物質で汚染されている!―シックカーは怖い
中野 博 / 現代書林
スコア選択: ★★★★★

世界で初めてこのシックカー問題を指摘した問題作であり、自動車業界に新しい価値観を提言した新作です!
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-02-27 16:08 | シックカー(自動車室内汚染)
エコデザインハウス、エコハウス。
エコデザインハウスを研究する旅にいま、私はある国々に来ています。
エコデザインとエコハウスの違いは、デザインが入るか否かだけど、実際の建物は主観ではあるけど、かなり違うものだよね。
それにしてもここは、暑くて外の温度は30度近く、いやー、夏だよね。日本も最近暖かいらしいけど、その分花粉症も早く来ているって、大変だよね。
 さて、私はこの南国に来ている理由は大自然の中で、いかにエネルギーのかからない住居が可能なのか、木と土でできていながら、快適で省エネで、それでいて美しい建築の追求でここ
〇〇〇〇と言う国へ来ています。
 きっと帰国した際には日焼けしているでしょう。
3月初旬は講演会で、各地域でお会いするみなさま、この時期に日焼けして夏みたいな感じでいきますので、よろしくお願いします。
 では、今から取材に出かけてきます!
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-02-22 16:16 | エコデザインハウス
シックカーのことを論じた私の本が、中古車情報のフリーペーパーである「カースマイル」(VOL40)にも掲載されたようです、先ほど社員から連絡が入り、データでメールを受け取りました。ここの編集者はよくぞ、取り上げてくれました!って感じですね。
 これで、私のシックカーの本が掲載された雑誌や新聞はこれで8誌目ですね。今までの書籍の中では一番露出回数が多いのですが、売れ行きは??です。
 書店に行っても、なかなか見つからないので、ファンのみなさん、どうぞアマゾンや楽天で一人一冊運動をお願いします!

 なんて、遠く日本を離れた国からでも、こんなお願いしちゃて すいません。
新車は化学物質で汚染されている!―シックカーは怖い
中野 博 / 現代書林
スコア選択: ★★★★★

世界で初めてこのシックカー問題を指摘した問題作であり、自動車業界に新しい価値観を提言した新作です!
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-02-20 16:17 | シックカー(自動車室内汚染)
エコデザインを研究するために、しばらく海外をうろついてます。エコロジカルに配慮された美しい建築、『エコデザインの美学」。うーん、自然を上手く活かした美しい建築や家具やインテリアなどの造形美をみて感動し続けてしまった。
 エコデザインをテーマにした研究はまだまだ続く。本当に奥が深いのだ。
 エコデザインハウス研究会という組織を当社が事務局となり、昨年末に立ち上げた。
日夜研究や企画に明け暮れているが、ポイントは『美しさ』と『超寿命』『自由度』などがまずあげられる。
 
 エコデザインを追及していると、気になるのがエゴデザイン。どうして、こんなに醜い建物(住宅やビル、商店)ばかり建てるんだろうね。
 
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-02-19 18:28 | エコデザインハウス
新車問題の中で、特に問題であり、今年の一大テーマとしたい シックカー問題。
シックカーの存在をまずは、知って欲しくて書いた私の近著「新車は化学物質で汚染されている」(現代書林)の紹介が最近ようやくマスコミ各誌で増えてきた。
シックカーに悩む人たちは実はかなり多く、ドライバーのうち10人に1人以上はいる。しかし、
シックカーの存在をしらなければ、シックカーがもとなのか、つまり新車に眠るTVOCが原因かどうかすら知らない。だからこそ、まずは多くの方々にシックカー問題を知って欲しい。
その意味で、専門雑誌だけでなく一般雑誌や新聞などのマスコミで紹介されてきたことは著者として喜びである。
出版社である現代書林さんから、昨日教えていただいた最近の記事を簡単に知りうる限り紹介しよう。

1 自動車流通新聞 2 カーグッズ・マガジン 3 ザ・マイカー 
4 自動車ビジネス(モータービジネス)
5 日刊自動車新聞 6 中日新聞 

 と、現在手元にある紹介された記事はこれら6つのメディアである。

 現在取材を受けていたり、掲載の連絡もきているので、何とか10以上のメディアには載るであろうが、さすが、自動車業界の問題を指摘しただけに、広告で成り立っているマスコミの動きは今回のシックカーでは重い。

 建築業界のシックハウスのときとは桁違いの遅さである。うーん、実感。
新車は化学物質で汚染されている!―シックカーは怖い
中野 博 / 現代書林
スコア選択: ★★★★★

世界で初めてこのシックカー問題を指摘した問題作であり、自動車業界に新しい価値観を提言した新作です!
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-02-02 06:18 | シックカー(自動車室内汚染)