中野博エコブランディング :ブログ Hiroshi Nakano Blog


by nakanohiroshi
カレンダー

<   2007年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

エコデザインの芝桜公園

 みなさん、親孝行してる?
わたしは、母親一人で育てられたきたので、親孝行できる相手は母しかいない。だからこそ、母には出来る限りで恩返しがしたい。
 そんなわけで、毎年数回は母親を旅行に連れ出し、孫である私の子供たちと遊ばせることにしている。
c0004180_12323128.jpg


 今回は、母が長年見たがっていた風景の一つである 「芝桜」を見てきた、素晴らしいの一言に尽きる。訪問客も口々に『来て良かった』『スゴーーい!』などど感動している様子。
c0004180_12342554.jpg


 車の乗り入れはできないので、臨時駐車場から徒歩20分くらいで、ミラクルワールドの芝桜の巨大なじゅうたんに遭遇する!本当にスケールがでかい!!絶対おススメ、ただし5月10日までに行かないと、見れないかも。
c0004180_12385128.jpg


 まさに、エコデザインを意識した花の楽園であり、母親も家内も子供たちも感動!
家族が喜ぶ顔っていいよね。
 自然の景観美は訪れるものたちを和ませ、幸せな気持ちにさせるよね。
c0004180_12265023.jpg


ちなみに、この日は午後から雨で、実は到着する直前はどしゃ降りで、母はあきらめかけていたが、わたしのミラクルパワーである『晴れを呼ぶ超人的な力』(これだけはすごい!と自負している)で見事に晴れを寄せ付けた。
 まさに、親孝行できた瞬間だったよ。
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-04-30 12:39 | エコデザインハウス
エコデザインハウス研究会の太青さんが、メチャクチャがんばっています!
 日本でまだ産声を上げたばかりのエコデザインハウス研究会が推奨する環境断熱材である
ECOボードを壁と天井に見事に使用してのエコデザインハウスを現在、愛知県豊橋市内の1号線の近くという大変立地状況の良い場所に建築しています。
c0004180_12423053.jpg


 環境断熱ECOボードとは、私のブログでも紹介しているけど、一言で言うと、
『本当に!地球環境にやさしい本物の断熱材』であるということ。

 そして、そこに住む家族の健康にもやさしいし、なんと火事にも強いんです。これは、世界で一番厳しい環境基準のドイツでも高く評価されており、現在ドイツでの実績をもとに、世界各地域の優秀な住宅会社だけに配給されており、理解できる経営陣と消費者の価値観があう物件でぞくぞくと増えています。
 【つまり、エコデザインハウスを希望する方は、美しいデザインでありながらも、耐久性重視、安全性重視、火事に強くて結露が起きない住宅が欲しい方でシックハウスにもなりたくないと言
う願望を持つ方!】

 おととい、私はこの太青さんの今回の建築中の物件を審査するために愛知県まで赴いてきました。
 写真にある通り見事に、環境断熱ECOボードがすべての壁に張り巡らされています。この断熱材を使うと、夏はクーラーがいらないほど涼しくなるし、冬は暖房もほとんどいらないほどだそうです。つまり、ランニングコストがメチャ安い!だから、ドイツを中心にしてEU各国で普及しているんだよねー。
 エコデザインとは、エネルギーの効率をもデザインしているんです。
それを実現した家だからこそ、エコデザインハウスと言う資格があるんです。
(クリーム色の部分が環境断熱ECOボードです)
 詳しくは、彼らのホームページ及びブログをチェックしてください!
ホームページ
http://www.k2-homes.com/hp/taisei/
ブログ
http://taisei3.blog63.fc2.com/

c0004180_12425159.jpg


[PR]
by nakanohiroshi | 2007-04-29 12:48 | エコデザインハウス

LAでのこぼれ話

LA滞在中のヒルトンホテルで開催された「億万長者の教え」セミナー。いわゆる経済自由人になるための各種の講座が開催された。下記がそのセミナーの案内看板で、アメリカではこの手のセミナーはめちゃくちゃ多いし、聴衆も多い。早く金持ちになって、社会貢献したい!と本気で考える若者も多いのには驚いた。
c0004180_6352721.jpg


 エコデザインハウスの取材をカリフォルニアで行う上で一番役に立ったのが、アメリカ版のナビゲーションで、その名前は「Never Lost]システム。レンタカー会社大手のハーツ独自のサービスらしく、優れもの。
 英語が分からない人でも大丈夫。日本語によるサービスもあるので、お勧めです。
c0004180_641887.jpg


 これが海外で運転する旅人たちの間で うわさのハーツ独自のカーナビ。実はこれ、音声による誘導システムも充実しているので(しかも日本語対応もあり!)、どこでもスイスイ行ける。実はこれが、私の取材をより大きく効率的にしてくれた秘密兵器でした。
 これから海外へ行きたいけど、道がわからないし、地図を見ながらの運転でストレスがたまると言う方は、ぜひ使ってみてね。
c0004180_6413990.jpg


[PR]
by nakanohiroshi | 2007-04-28 06:44 | 今日の出来事
 エコデザインハウスのヒントを求めて、LA郊外の町を紹介された。そこは、セレブだけが住むというとても美しい町並みであり、何と言っても自然の景観美を感じるぜいたくなエリア。
 アメリカの場合には、富裕層やセレブが生活するエリアはおおむねエコデザインされた住宅が多いし、何と言っても町全体が価値を高めるようなデザインがされている。
 今回訪れた〇〇〇〇と言う町も西海岸にいくつか点在するエコデザインハウスをたくさん味わえるエリアの一つ。
 
c0004180_5151181.jpg


 さて、私がいるのはどこでしょう?ちなみに、このエリアの住宅を買う場合には、2-3億円は最低必要だそうです。もちろん、海外線から遠のけば1億円を割る物件もあるけどね。品格のあると言うか、景観美をも含めてのエコデザインハウスの普及を日本で行う必要があるなー、っと改めて感じる旅でした。
c0004180_5155080.jpg


[PR]
by nakanohiroshi | 2007-04-27 05:16 | エコデザインハウス

LAでの交遊録

 カリフォルニアのさんさんと輝く太陽、大きな海、ここちよい風。やはり大自然の恵みは素晴らしい。まさにエコデザインの原点が多くある。取材中お世話になり、ゴルフまでいっしょに楽しませていただいたライトハウスの込山社長と西川さんと語り合う場面。
c0004180_7531959.jpg


 LAを中心にしたカリフォルニアの取材から無事戻り、花粉症がまだまだ残る?日本に帰国。
出発前は桜もきれいで、花粉症でもあったけど、アメリカ在住期間は花粉症などのアレルギー反応はまったくのゼロ!
 ところが、帰国してそうそう、またあの嫌なくしゃみと鼻水が。あーあ、何だか日本は体質にあわないのかな?

 ちなみに、アメリカの自動車の方がシックカーの程度も低いみたいだし、シックハウスはいまやほとんどないしね。

 やっぱり、消費者が強くて、訴訟で企業と戦ってきた国だから、結果としては消費者と言うか、市民には安全でやさしい国なのかもしれないね。
 今まではアメリカをそれほど高く評価していなかったけど、日本人として20年以上もLAなどで起業して暮らしている方々への取材により、大いに学ぶことが多かったし、好きになれたね。

そうそう、下の写真は私がLAの日本人経営者のみなさんの前で講演した後の模様。この垂れ幕がすごいよね!
c0004180_7535166.jpg


[PR]
by nakanohiroshi | 2007-04-26 07:59 | 今日の出来事
エコデザインハウスをテーマにしながら、美味しいワインの話をするなんて、ナンセンスだよね。かつての私なら、きっとそうかんじていたと思う。
c0004180_5201016.jpg


 でもね、実際に多くのワイナリーを訪ねてみると、やはり大自然の中での何十年、いや何百年をかけての偉大なる営みには、エコデザインを体感せざるをえないし、その営みを行うハウス。つまりそれぞれのワイナリーでの建築物、とりわけ保管所における温度や湿度の管理については素晴らしいものがあり、長期的視野に立ちつつも、現在の空間デザインを大事にしている。
 建築物とはすべて建築前のデザイン・設計プランが重要であり、ワイナリーであれば、この点をミスすると、ワインが台無しになり、大損害が生じる。
 人間であれば、健康をこわしたりすることもあるのだ。ワインは畑から製造・保管までトータルに考えてのエコシステムを考えてのデザインが重要であることを改めて取材の結果学べた。
 いずれ、詳細を書籍の中で発表したい。
せっかく読んでくれたあなたに、取材先のひとつを紹介しよう。住所までわかるので、ぜひ訪れてみて欲しい。ここのワイナリーは取材が可能だよ!
c0004180_5194173.jpg


[PR]
by nakanohiroshi | 2007-04-25 05:21 | エコデザインハウス

美味しいワイン飲み比べ

エコデザインハウスを研究し、エコデザインの本質を学ぶときの心のオアシスは美味しいワイン、美味しい食材だよね。
今回訪れているテメキュラのワイナリーはまさに、美味しいワインの飲み比べができる町。カリフォルニアの大地、それに含まれている栄養素、さんさんと輝く太陽、適度な降水量。さらに言えば、気候変動により、ワインの産地も変化している。
ワイナリーのソムリエの話を聞きつつ、たくさんの美味しいワインを試飲しちゃいました。
c0004180_5565069.jpg


試飲室の中は撮影の許可上、ほんの少しだけ紹介するね、雰囲気を感じてください。
c0004180_5584553.jpg


[PR]
by nakanohiroshi | 2007-04-24 06:06 | 今日の出来事
エコデザインハウス研究会を主催する中野博のミッションはいくつもあるが、とにかく世界中で学べるコンテンツを集めて整理して会員のみなさまに情報として伝達することがひとつ。
エコデザインハウス研究会に参加されている住宅会社の方は、その情報やデザインのありかたを実践していただき、消費者の方へ美しく千年持続社会実現のためになりそうな住宅を提供したいただこうと思います。
 もし、あなたが環境にやさしく、かつ健康にも安全でさらに美しいデザインを求めるのであれば、近い将来は日本各地で可能になる時代がやってくると信じている。

 エコデザインハウスと同時に、そもそものエコデザインを研究している私としては生活に密着にしながらも、自然界に学ぶデザインやコンセプトを学ぶために、時には、こんなところも出かけています。

 それが、下記写真のワイナリーだよ。
 
c0004180_5391383.jpg


 とても大きなワイナリーで、場所はLAから180キロ離れている、とても美しいところです。そのワイナリーの生産しているぶどう畑がこれ。
c0004180_5422026.jpg


 メチャクチャ美味しいワインをいただきながら、エコデザインを学び、ワイナリーの建築物も5-6軒見学して、100年以上にわたるエコデザインハウスを研究してきました。
c0004180_5441151.jpg


[PR]
by nakanohiroshi | 2007-04-23 05:44 | 今日の出来事
今まで10数回LAには来ているけど、何が魅力なのか、よくわからなかった、実はこれが本音。
でも、それは仕事で2-3日単位でしか滞在していなかったし、観光と言っても一通り見ているだけ。魅力が分かる以前の問題だった。
 しかし、1年前から、真剣にLAで生活すると言うことはどんな価値があるのか?実際に、移り住んでいる友人の話を聞いたり、自分自身も単なる表面的な部分しか見ない旅人ではなく、もう少し腰をおろした旅人目線で、あるいはにわかホームステイ感覚で眺めてみると、実に多くのものが違う形で見えてきた。
 「LAで生活する」を意識してみると、今まで見過ごしてきた「気候と自然」がいかに素晴らしいものかがわかってきたし、昨晩、こちらで20年以上も生活している日本人経営者12名の声を聞いても、みなさん、LAの魅力は気候とのことだった。
 これが日本を離れても、生活したい!との大きな要因だそうである。わたしも少し年をとってきたせいか、身体に優しい気候にはすごく惹かれてきている。
 毎朝散歩しながら、見える大自然、そしてヨットハーバーはたまらない魅力になってきた。
c0004180_2326863.jpg


[PR]
by nakanohiroshi | 2007-04-22 00:09 | 今日の出来事
 今回のロサンジェルス滞在中は、いろんな出来事や楽しいいことが多くあり、新しい書籍のネタの仕入れやビジネスのヒントをたくさん仕入れているけど、アウトプットもしてきたよ。
 LA在住の日本人経営者の会の定期的な勉強会があるんだけど、そこで講師を務めてきちゃいました。
 シックカーの話やロハスの話など、もろもろ話をして、うれしいことに関心をもっていただき、質問を多くうけ、その後の食事会(日本料理屋!)でもLA在住の大先輩の方々から、勉強することができました。
 また、定期的にLA詣でしますので、よろしくお願いします。特に、幹事の今森さん、最後までありがとうございました!
c0004180_1624159.jpg


[PR]
by nakanohiroshi | 2007-04-21 21:04 | シックカー(自動車室内汚染)