中野博エコブランディング :ブログ Hiroshi Nakano Blog


by nakanohiroshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

 セカンドライフでのバーチャル体験を楽しんだことはあるだろうか?
日本語版が出来て以来、多くの方々や企業がセカンドライフに進出しているようだが、人気があるのは、不動産売買だろうね。
 だって、やはりお金目当ての人には不労所得を得たいと考えて、最終的には不動産に興味を持ち、投資をしたくなるでしょ。

 実際にセカンドライフで儲けた人が行う次の行動は、バーチャルではなく、リアル世界での不動産投資だそうだ。こうして、バーチャル世界での経験や金儲けは結果として、リアル世界の投資や買収に行くんだよね。

 いま、各地で不動産投資が活気付いているのは、金が余っているからだと指摘する金融業界の方は多い、どこに余っているのか?不思議に感じるが、やはりあるところにはあるんだろうね。

 あの六本木ヒルズ族もかつて、リアル世界の企業や不動産に投資して話題をうんだよね。ま、人間はどこまでも同じ経験を繰り返すんだよなー。

 でも、最後に大富豪になってしまったら、何をするのだろうか?

大富豪の行動パターンは自由を謳歌することなんだよね、そして自然を愛して、美しいものを自分の力で残そうとする。

 だったら、凡人の私たちは、最初から自由を謳歌できる気持ちを持ち続けることが大事だよね、そして環境破壊ではなく、美しい自然や町を残すような活動を1つでもいいからしたいよね!
c0004180_925887.jpg

[PR]
by nakanohiroshi | 2007-08-31 09:03 | 今日の出来事
驚いたねー、2020年の今日、老人の定義が変わっていたんだよー。
あなたの考える老人とはどんなの?

 オイラは、子供の頃、 老人とは50代からだと思っていた。

 大学時代、老人とは 60歳過ぎだと思っていた。

 40代になった今、老人とは70代からだと感じてる。

しかし、今日、早朝からスポーツクラブに出かけてみると、

 な、なんと スポーツクラブには 60代、70代だらけだった。

なんでも、60歳以上は午前中の会員は 毎月たったの 3,000円、毎日通っても3,000円。
つまり、1回何時間スポーツクラブで運動したり、若いお姉ちゃんやお兄ちゃん相手にいろんなことをして、水泳して、サウナに入って、温泉に使っても、たったの100円!

 私は見た!

 タイムマシーンに乗って、2020年に行ってみたのは、ウソで、そこは現実の2007年の今日の世界だ。

 高齢者って、元気だよねー。なんか、スポーツクラブが出会い系サークルになっていると感じてしまった。

 いずれにしても、いつもと違う時間にスポーツジムに出かけてみたら、タイムマシーンに乗って未来の高齢者社会のようだった。でも、大切なことは、自分の体を鍛えて病気や怪我にあわないように毎日、楽しみながら通う場所があることは重要だと言うこと。

 今日は日本の姿をみるいい機会だったなー。

 何が一番面白いかって、彼らの話している内容を聞いたことだね。
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-08-30 16:19 | エコブランディング
 都市部の屋上を全部緑化して、菜園を作ってしまえば、ヒートアイランド現象も緩和できるどころか、涼しくなるかもね。

 スイスなどのように、町ごとオールグリーンにしちゃえば涼しくて快適になるんだけどなー。

 新しい内閣は本当に美しい日本を創るきがあるのかなー?

美しい国づくりってさ、見た目も美しいことじゃないの?

 町を美しく、建物を美しく、そして人の心も美しくなるのが理想だけど、今の日本ではどれも
逆に向かっている気がするのは、わたしだけ。
c0004180_994080.jpg


[PR]
by nakanohiroshi | 2007-08-29 09:17 | エコブランディング

ロハスな企業として

 真崎さんは、4年ほど前からロハスを推進する環境マガジン「ソトコト」にロハスピープルとしてよく登場していた。

 彼の会社である マサキエンヴェックはロハスな企業としても大きく取り上げられており、マスコミに出ない日はないほど、あちらこちらの媒体をにぎわせている。

 彼の今まで手がけてきた環境ビジネスは、素晴らしいものだし、ロハスを牽引する人物の中では卓越した人物の一人であることは彼を知るものであれば誰もが評価している。

 わたしは環境ジャーナリストとしても、一個人としても彼のことを尊敬している。

私がかつて書いた本では、彼のビジネスを紹介しているので、ぜひ読んで欲しい。
屋上緑化の話しはもちろん、それ以外にも数々の事例を紹介しているので、おススメです!

こんなエコ商品が欲しい! 「快適・健康グッズ」の常識・非常識
中野 博 / 東洋経済新報社
スコア選択: ★★★★★

日本でロハスがブームになる前から、私はアメリカで少し流行しはじめ、特にNYなどの東海岸で大きく話題を呼んだ、『ウェルネスビジネス』に注目して取材をして事例を紹介しています。屋上緑化の真崎さんも事例として取り上げています!


c0004180_10412414.jpg


 昨日の続きね、ロケ現場の映像より。
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-08-28 10:41 | エコブランディング

屋上緑化ビジネスのロケ

 屋上緑化された場所はどこも美しくすがすがしいものだ。
わたしが経営するエコライフ研究所では、映像による教育番組をいくつか制作しているが、
真崎社長にも出演していただいている。
 まさに、このワンシーンは撮影現場のものであり、撮影中はデパートらしくいろんな放送が流れるのでそのたびに、「カット!」。
 何度も取り直しをして、撮影を完了。
このブログを見てくれるいる方の中から、何人かが屋上やベランダを緑化してくれるといいなー。
c0004180_14271981.jpg


[PR]
by nakanohiroshi | 2007-08-27 14:31 | エコブランディング

都市がクールビズする?

 タイムマシーンに乗って、2010年の8月の世界を覗いてきた!

 なんと、そこは美しい日本が実現していた!

 私が座っている場所は屋上に敷かれた芝生の上なのだ。

c0004180_8242442.jpg



安倍総理を称えるわけではないが、やはり、『美しい国』と言う表現は、多くの日本人の持つ
美的価値観を刺激したことは間違いない!

 「間違いない!」と言えば、お笑い芸人の長井くんがニューヨークに留学すると話題になった。
いまやお笑いも世界進出の時代なのか。

 ニューヨークを何度も旅している中野博としては、今日は都市建築のクールビズのあり方について再度紹介しよう。

 え?再度?

いつ書いてあったっけ?

と思った方は、このブログのバックデータ2007年5月26日~28日を覗いてみて欲しい。


 それでは、タイムマシーンの乗って2010年8月に見た世界を紹介しよう。


 タイムマシーンは銀座のど真ん中に着陸した。

 ブルの屋上から眺めるマンションの屋上の上では、あちらこちら芝生を敷かれている。屋上がほぼ緑の面になってきている。なんと屋上は、美しい緑でまぶしいほどだ。

 しかも、エアコンもほとんどかけていないらしい。

 美しいだけではなく、省エネルギーも実現されてる。

 ほんとに、ここまで実現しているのか、たったの3年後だぜ。

 私は2001年から屋上緑化及び菜園を提言し続けていたし、私がもっとも注目をしてきたマサキエンヴェックさんは環境技術の中で、特に屋上緑化の中でもっとも難しい『土』と言う素材力にこだわり、いまや素晴らしい土を開発したことにより、屋上緑化の雄になった。

 2010年には、屋上ビジネスは業態を変えてさまざまな店舗やライブハウスまでもができて夏はにぎわっていた。

c0004180_8432322.jpg



 東京の温度上昇に大きく影響しているといわれている高層ビル。

屋上緑化及び菜園で環境に配慮するようにしていけば東京をはじめとする都市部の温度も変わるのではないだろうか?例えば、東京タワーや都内の多くの高いビルからから見下ろしたら、緑ばっかりの東京なんてとても素晴らしいことだよね。

 特に、都市部のマンションは、すべて屋上緑化及び菜園で覆われていたら、そこに住む住民の方々も自分の住むマンションの屋上の芝生で涼んだり、遊んだりできて、とても気持ちがいいのではないだろうか。

 さらに、屋上菜園にしてビルやマンションの管理組合で管理して菜園を楽しむなんてとても粋(イキ)な話でしょ。

 緑があると人間は落ちつく。緑があると気分がいい。もっと、街に緑を!

これが、都市部のクールビズ!
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-08-26 08:49 | エコブランディング
 オイラのブログを読んでいるのは友人やファンの方々もしくは、私の動向を気にしている同業者かオイラをライバルと思っている方々(ちなみに、私にはライバルはいません、みんなアミーゴ!と思っていますので)だよね。

 オイラは仕事がら 守秘義務系の仕事が多いし、いろんな企業や組織の戦略的なビジネスを組み立てたりするから、ブログでは仕事の話題はほとんど書けない。

 さらに、執筆前や執筆進行中の話題も書けない。家族のことを書くと、子供にも影響がでるので、書けない(いまどきの子供たちはネット世代だから、子供の同級生たちはオイラのブログを読んでいることが2年前に判明、以後、家族ネタはやめた)

 だから、書ける範囲がメチャクチャ狭いんだよね。

 しかも、書ける時間は1分ー2分だし、あとで読み返すと、くだらないことを書いていることが多い。

昨日講演会の後の懇親会で、ある方に言われた。

『今日、講演会に参加する前に、ブログを読んできました、タイムマシンーんとかドコデモドアが欲しいってありましたよね。』

 素晴らしい心構えです。

 今日も明日も午後から講演会だけれど、やはり参加する方はブログを読んでくるのだろうか?

 もしかして、あなたは講演に参加する方ですか?

 これから、面白いから、「私のブログを読んできましたかー?」なんて講演途中に聞いてみよ。

これぞ、新しい時代の講師のスタイルか?(笑)

 

 
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-08-25 09:55 | 今日の出来事
 ドコデモドアが欲しい!と本気でおもう。

 タイムマシーンは好奇心を満たしてくれるツールとして最高だとおもうけれど、現実的なツールとしては、やはりドコデモドアでしょ。

 特に、講演会の依頼が殺到する秋とか春にはスケジュール調整が大変で、同時に移動疲れも起きるので、何とかならないものか?と本気で考えたりする。

 今月は、講演や研修の依頼だけで20本だが、体が一つなので、半分も受けられないのが現状。

 今日から3日連続で講演会場を渡り歩くけれど、エリアが近いから何とかなるけれど、こんなことはそう多くない。

 沖縄、北海道、長野、宮崎、和歌山なんていうパターンだってあるからね、今はネットや携帯の普及で仕事はずいぶんスピードが上がってきたが、やはり交通手段ばかりは限界があるし、
何よりも動くのは人間だからね。

 本気でドコデモドアが欲しいよね、あー、誰か作ってくれないかなー。

ドコデモドアが100万円で買えれば、爆発的に売れるよね!

 この商品を開発できるとしたら、どこの会社が一番可能性アルだろうか?
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-08-24 09:49 | 今日の出来事
 タイムマシーンを買えるとしたら、いくらが妥当だろうか?

 1億円?1000万円?

 でも、個人で持つのではなく、航空会社やJRなどの鉄道会社がサービスで

1回につき、50万円で行ったら、めちゃくちゃ人気があがるのではないだろうか?

 私は未来よりもむしろ過去に行ってみたい。

もちろん、自分の今の現状を変えない範囲でだ。

 さすがに、バック・トゥ・ザ・フューチャーまでは勘弁だ。

 あくまでも、覗き見で。

とくに、今は1943年から1945年あたりにまずは行ってみたいよね。あの時代に生きていた人たちはどんな感情をもって 未来を描いていたのであろうか?

 こんなパソコンや携帯が普及するなんて、まさかアメリカに自由に旅行ができるだけではなく、世界各地へいけるなんて、思っただろうか?

 
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-08-23 07:25 | 今日の出来事
 わたしは子供の頃からドラえもんが大好きだ。

もちろん、今でも ドラえもんのファン。今では子供たちがドラえもんをテレビで見ていてくれているおけがで、私も見てしまうこともある。

 ドラえもんの声は変わったけれど、ま、サザエさんだって声変わり(声優交代)しているわけだし、ま、違和感は今でもあるけれど、未来や過去を縦横にうごける あの独特で非常識な内容は夢があっていいよね。

 実は、私が旅が大好きなのは、きっと 知らないうちに ドラえもんの描いた世界にも影響をうけているんじゃないか?と最近気がついた。

 特に、タイムマシーンに乗って、いろんな世界に自分を実を置くということは、かなり刺激を受けるし、楽しいものだ。

 6月に20年ぶりに中国に行ったときには、まさにその感覚を味わった。

20年程前には、タイムマシーンにのって過去に来たようだった。今年の6月もタイムマシーンに乗って、過去に来た気がしたけれど、それが手に取るように比較できるだけに面白かった。

 どんなに本を読んでも、映画を見ても この感覚は味わえない。

自分自身がタイムマシーンに乗り、感動することこそ、人生の醍醐味なんじゃないだろうか?と海の中をもぐっていながら、考えてしまった。

 海の中がロマンにあふれているのは、思考力が研ぎ澄まされるからなのだろうか?

さて、タイムマシーンにのって、現実世界に戻るとするか。
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-08-22 06:20 | 今日の出来事