中野博エコブランディング :ブログ Hiroshi Nakano Blog


by nakanohiroshi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

感謝、感謝。

c0004180_1740395.jpg



 今年も1年間お世話になりました。

 私は今年は常識人に戻り、な、なんと年賀状を出してしまいました。

 さらに、クライアントのみなさんには、あっと驚きの エコライフ研究所オリジナルの
カレンダーまでも配布してしまったんだから、来年は期待されて大変かもしれないですね。

 宣言しておきます、来年は手帳を売ります!(笑)

今年も12月は遊びまくっています、というか、ある本のために世界を旅しています。

 さて、わたしはいま、どこにいるのでしょ?

 
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-12-31 17:48 | 今日の出来事

ふりかえる

c0004180_17283698.jpg



 あなたの今年はいかがでしたか?

1年を振り返ると 本当に多くの出来事があったと思います。

 ところで、1年間でいったい、どのくらいのお金を使いましたか?

さらに、身体にはどのくらいのカロリーを入れましたか?

 私は、噂の本「でぶからの脱出」がテーマの本を読み、衝撃を受けたので、記録をとることにしました、やっぱり記録は大事だよね。

 来年こそ、アメリカでビジネス展開できるようにガンバルゾ!と

つい、宣言しちゃいました。

 待ってろよーー、自由の女神!
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-12-29 17:34
 あなたはもう来年の計画をばっちり立てたであろうか?

もちろん、会社としての事業計画や行動計画などではなく、自分の成長を描くための個人的な計画の事である。

 仕事の計画は経営者か否かで着眼的や立て方が違う。

 しかし、個人の計画はどの立場であっても自由に描けるのでは?

「私は勤め人だし、いろいろと会社のことがあって」と言うセリフはよく聞くが、その場合でも、できる事はあるはずだ。

 朝・晩の通勤途中では、何を行うか?

毎日10分でも、30分でもある目標を立てて頑張り続ければ、大きな成果をもたらすであろう。

 問題は、実行するか否かだけである。

 なぜ?私たちは、こんなシンプルな事をわかっていながら、効果的な行動ができないのか?

 それは、脳内に浸透していないからである。

 つまり、頭のどこかでは、がんばると何か成功するかも?多くの可能性を実現できるかも?と思いつつ、実際は、楽な方向に転がり続けてします。

 その結果、テレビをだらだら見たり、ごろごろしたり、ネットサーフィンを繰り返し、いつもの仲間と飲みに行ってしまう。

 私にもそんな時代が長かったし、今年は何度かこの居心地よさを味わった。

 ま、正直言って、楽だからね。

 でも、今年の夏ごろから自己変革を遂げ始めた。

脳科学、心理学、行動科学などを学び、自分自身の弱さを学んだ。

 そして、その抜け道がマインドマップと言う学習ツール。

 これをベースにものを考えたり、発想をしたりすると、不思議と脳が楽しくなり、元気になった。

 来年の個人的な計画や目標などをこのマインドマップを使って行うと、な、なんと、すごい事になった!!

 潜在的に考えている事や、潜在的な自分の本能を見ることができたからだ。

 あなたは、どんな方法で自分を見つめ、自分の未来をデザインしているのであろうか?

 年末年始は、なぜか?自分を振り返るチャンスである。
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-12-26 08:40 | 今日の出来事

犯罪と病の日本

 環境問題の取材などで、今まで常夏の国々を旅していたので、日本の寒さがつらい。
30度~24度くらいで、湿度80%前後の気候に慣れると、日本の湿度の低さ、気温の低さはかなりこたえる。

 さらに、何だか不思議と言うか、日本はけっこう暮らしにくいことを感じる事がある。
あちらこちらでせきやくしゃみをするひとたち。マスク族、人とぶつかっても知らぬ顔をしている多くのひとたち。
 電車で足を踏んでもあやまりもせず、知らぬ顔。

 あー、やはり日本は病んでいる。

帰国してニュースを一気に見て、新聞をぱらぱらみると、いわゆる犯罪と政府批判と将来の暗さが目立つ。

 確かに、バリ島のあるインドネシアやインドなどはある意味で大変な状態ではあるが、まだまだ将来に対する明るい希望を感じる。

 犯罪王国と成り下がってしまった日本で暮らす人たちは、今の日本をどう感じているのであろうか?
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-12-22 08:00 | 今日の出来事
 【エコデザインハウスの必要性がますます高まってくる事を認識できたCOP13】

国連気候変動枠組み条約の第13回締約国会議(COP13)は10日、ポスト京都議定書に向けた共同議長案が協議された。しかし、すべての温室効果ガス排出国を議論の対象にしたい先進国と、先進国の援助内容に限定したい発展途上国が対立し協議は難航。閣僚級会合までにまとまるのは厳しい情勢となっている。

 新たな枠組みでの議論では、先進国側が、近く世界最大の二酸化炭素排出国となる中国やインドを念頭に置き、途上国も削減に向けた議論に加わる必要性を強調。しかし、途上国側は「先進国による削減に向けた途上国への援助は不十分。まず論議は先進国のあり方に限定すべきだ」と主張し、議論が進展しない状況に陥っている。

 途上国でつくる交渉グループ「G77プラス中国」内でも意見がまとまっていないもようで、同日午前10時から開かれるはずだった分科会が、一時的に流れ、午後3時から開始された。

 条約事務局は、12日から始まる閣僚級会合の前日の11日には、新たな共同議長案のとりまとめを見込んでいるが、「議長案の前文に掲げられた削減数値目標を先延ばしして話していても、議論に歩み寄りがない」(交渉関係者)状態となっている。

 COP13の財務相会合は11日夕、温暖化対策で十分な資金を確保するため、市場メカニズムを活用すべきだとする議長総括文書をまとめ、閉幕した。

 議長総括は、先進国が途上国で取り組む温室効果ガスの削減事業を拡大するため、民間の資金を積極的に呼び込む必要性を指摘した。

 会合に出席した遠藤乙彦財務副大臣は、世界銀行グループがインドネシアで検討している省エネ関連の融資について、日本が支援する方針を表明した。

 具体的には、インドネシアの地元金融機関による国内での省エネ関連事業の融資に対し、世銀グループの国際金融公社(IFC)が保証し、日本も融資に参加する方向で検討する。

 日本政府は、温暖化対策に積極的に取り組む発展途上国に支援を集中させる方針を固めており、環境問題への対応に熱心なインドネシアの援助を強化する。

 議長のインドネシアのムルヤニ財務相は会合後の記者会見で「すべての閣僚が市場ベースの政策枠組みが非常に重要であるとの認識で一致した」と成果を強調した。
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-12-12 08:29 | エコデザインハウス
【エコデザインハウスの動きがアメリカでも始まっているのはなぜ?】

 米大統領選の候補指名レースで民主党のトップを走るヒラリー・クリントン上院議員は5日、温室効果ガスの排出を2050年までに1990年レベルから80%削減することを柱とする包括的な環境・エネルギー政策を発表した。京都議定書後の国際的な温暖化対策の枠組みづくりでも米国がリーダーシップをとり、国際的な指導力を回復させるとしている。

 「90年比80%削減」という目標は、米国で現在議論されている温暖化対策で最も厳しい水準。米国の温暖化対策を引っ張るカリフォルニア州と同じ目標を掲げて「積極路線」を打ち出した。

 クリントン氏は地球温暖化と石油の海外依存を「われわれの世代が直面する最も大きな二つの課題」と指摘。(1)企業に温室効果ガスの排出枠を割り当てて市場取引する排出量取引(キャップ・アンド・トレード)制度の創設(2)自動車の燃費の大幅改善(3)新エネルギーの開発研究への大規模投資などを提案した。

 また、中国、インドなどの途上国も含めたハイレベル会合を3カ月に1回のペースで開き、10年までに新たな削減目標についての合意を目指す、とした。
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-12-11 23:34 | エコデザインハウス
 中野博が日本版紳士録(WHO'S WHO)にデータベースとされて、登場することが決定しちゃいました。

 いわゆるこの日本にも、紳士録みたいなものがあるようなんですが、私:中野博がこのたび掲載される事になりました。

 ある日、突然私宛に、なにやら意味深な?書類が送られてきて、その内容を見て承認すると言うものなんだけど、やっぱりうれしいよね。

 何だか、歴史上の人物に選ばれちゃったって感じがして。(笑)
 
 ちなみに、この日本版紳士録の収録人数だけれど、日本人は歴史上の人物を含め35万人、外国人は7万人が収録されているらしい。私に送ってきた説明書にはそう書いてあった。

 ところで、なぜ?わたしのところに来たかわからないけれど、一つだけ言えることはやはり
特定分野の専門家であり、著書が数冊あることが大きなポイントになると推測した。
 
 送られてきた書類はあらかじめ、印字されており、プロフィールもかつて自分が書籍で書いたものがメインで使われていた。

 先方がどこで調べてきたかわからないけれど、比較的新しい情報までもが掲載されていて、情報化社会の恐ろしさも同時に感じたよ!

 そうそう、ついでに言うと、独立行政法人の国語研究所とか言う機関からも今年の5月に許諾の依頼書がきたんだよね。

 何かって言うと、かつての私の著書の中の何ページ分を電子データで残しておきたいから許可を下さいとかいうもの。

 ま、作家になると、単に仕事が増えて、マスコミに出る機会が増えるだけでなく、社会的にもいろんな役割を与えられるもの。

 今後、作家を目指す方は、ぜひ自分を磨き続ける習慣だけは今のうちから、身につけておこうね。
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-12-04 16:12 | about me

中国ぶらり旅その2

 今日もこのブログを見てくれてありがとう!
とうとう12月になっちゃったよねー。ゆっくりブログを書けないので、写真をお楽しみ下さい。

今回はマカオの不動産開発状況とエコロジーを取材していた時にぶらりと、旅した場面の写真だよ。

c0004180_8134682.jpg



c0004180_814570.jpg



c0004180_814161.jpg


c0004180_8142885.jpg

[PR]
by nakanohiroshi | 2007-12-01 08:15 | 今日の出来事