中野博エコブランディング :ブログ Hiroshi Nakano Blog


by nakanohiroshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

中野博@プロフィール→ http://www.ecohouse.ne.jp/nakano/profile.htm
■ECO■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■LIFE■
エコライフ リッチマインド マラソンVol.518(9月22日・火曜日)
                       発行部数:9,350部
■RICH■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■MIND■

今から11年前の 1998年10月19日に中野博は
有限会社エコライフ研究所を設立して、「エコライフメンバー」
という会員制の商品開発及び研究組織を開始しました。

スタート当時の会員数は、法人12社、個人18名。
その会員制研究会のコンセプトは
「エコ時代を切り開くパイオニア集団になろう!」
というものでした。


 当初は、多くの業界関係者や友人にも小ばかにされながらも、
いつか到来する「エコの時代」を信じて、私たちは真面目に研究し、
商品開発をして 販売しコツコツと信頼を得ていきました。


 流れが大きく変わったのが、中野博が中心になり、学者の方や建築家、
メディア関係者などプロ集団を束ねてNPO法人エコリビング推進委員会
を設立した2000年です。


 このNPO法人では中野博は満場一致で理事長に選ばれて、PRを兼ねて、
都内の大ホールで450名のマスコミ関係者、環境関係者らの前で演説をし
「日本の住環境は変わる!」と宣言しました。



 その結果、「エコハウス」(中野博が命名)は大ブレイク!
「エコリフォーム」(中野博が命名)や「屋上緑化・菜園」も
 次々と多くの自治体や産業界が取り入れ始めました。


 その後、「バイオマス産業・自然エネルギー」から
「自然素材のインテリア」やなど住まいと街づくりを中心に
確実に時代を動かすほどに、この会員組織は成長しました。


 この組織の成長と歩調を合わせて、中野博は環境に強いジャーナリスト
として次々に書籍を出し続けて、講演を全国で行い続けてきました。
参考:http://www.ecohouse.ne.jp/nakano/profile.htm

 
 その後、急速にエコライフメンバーが増え続けて、ピーク時の2004年
には500社を超え、中野博は自分の役割を終えたと判断して、
2004年の冬には、休会。


 休会理由は、あまりにも トントン拍子でのび続けてしまい、
先行きが怖くなった事が大きな理由です。実力以上に大きくなった
会員組織を支える能力が中野にはなかったのです。(本音です)

 もうひとつが、消費者からの会員企業へのクレームまでも
中野博が背負い込むことになり、パニックになった事もありました。


 いずれにせよ、企業など 売り手のための 会員組織でしたので、
どうしても、売ることが先行してしまい、買い手の感情を考えずに
エコハウスやエコビジネスを支援していた事が大きな反省点です。



 このため、いつか「本格的なエコの時代がくる」前に、わたし・
中野博は、2005年より 海外に留学してマーケティングを学び、
ブランディングを学び、PR戦略や消費者心理学も研究してきました。


2006年からは、世界中の新しい環境ビジネスの動向を探るために
世界各地域や日本国内の至るところを取材してきました。


 そんな世界を放浪する中で、ゴア元副大統領が「環境」を
語りノーベル平和賞を受賞し、アメリカでは環境ビジネスに
火がつきました。


 この流れを加速させるようにオバマ大統領が生まれると、
もはや、世界の環境ビジネスはアメリカではないか?と思う
ほど、アメリカでは環境ビジネスは熱いです。


 いやいや、実は中国ではアメリカの環境ビジネス以上に
予算を多くかけていますし、真剣そのものとなりました。


 さらに、EUなど欧州でも「本家が負けるわけにはいかない!」
とばかりに、この半年の間でかなり 環境ビジネスへの投資が
増えています。



 日本では民主党の勝利により、「チェンジ!」が起こり、
かつ 今度の国連での演説では 鳩山総理が日本独自の
かなり目線の高い環境政策を世界へ発信するようですね。


 ということは、民主党政権になり、エコでチェンジは
確実に進むと中野は判断しました!


 しかも、売り手である企業だけではなく、買い手であり
受益者でもある わたしたち 国民側が何か情報発信したり、
国民自身が 何かエコアクションを真剣に行う時期に来た!
と中野は感じています。


 中野がエコライフ研究所を 1998年10月19日に創業して、
もうすぐ 丸11年となります。

 エコライフメンバーを休会してほぼ丸5年が経過しました。
 
 今度は、消費者視点に立って、消費者こそが、商品やサービスを
選択することで 国を変えて、未来をも変える!


 こんな 青臭いことを本気でやってみたい!
との願望が湧き上がってきたために、わたし・中野博は
来月から、「エコライフメンバー」を再開します。


 今回のミッションは「世直しは消費者から!」をテーマに
グリーンコンシューマ(環境意識の高い賢い消費者チーム)の
みなさんで 企業へ積極的に働きかけて 商品やサービスの
チェンジ!をともにしていきたいとの 目標があります。

 20年ほどまえ、ドイツでは長引く不況のあと、環境意識の
高い少数の消費者が「いいものをより長く使う」とか
「環境意識の低い商品は買わない!」などという賢い選択を
行うようになりました。

 これを牽引したのが、「エコテストマガジン」のような
会員制情報誌でした。(中野は社長と懇意で、5回訪問済み)
 2006年2月のブログをご覧くださいね! ↓ ↓
http://ecolife.exblog.jp/3464495/

こうした会員制度の研究会や情報誌などが発売された結果、
国民が変わり始め、この結果として、
企業が変わり始め、ドイツと言う国を環境先進国へと導きました。


「ひとりの賢者が国を変え、未来をよくするのだ!」と言う
ドイツの元首相・コール氏の発言を思い出します。


 わたしが今回 本気でスタートさせていただきます
「エコライフ@スマート」会員は、まだまだこれからの
組織ですが、まずは、3つの特徴を打ち出して、日々改善を
しながら、進化させていきたいと思います。

 
 11年前のエコライフメンバーは年間費用が12万円でした。
法人及び個人事業主の方を意識していたからです。


 しかし、今回は 誰でもが 少しのご負担で参加できるように
毎月1,000円という会費を設定しました。コーヒー3杯分なら、
参加しやすいのでは?との思いです。


 もちろん、企業経営者であっても、個人事業主であっても、
この「エコライフメンバー@スマート」は個人の集合体ですので、
一個人としてご参加くださいね。


 最後に、ひとこと。

もし、あなたが 少しでも あなたの健康にやさしく、
地球にやさしく、未来を1ミリでも変えたい!という 
温かく 熱い気持ちを持っていただけるのでしたら、
ぜひ、私たちと いっしょに 歩き始めませんか!


P.S. この暑苦しいメッセージに共感していただいた方は
     現在は、全国各地域の主婦の方や学生さんたちがメインです。
     大半が女性で、下記告知から3日目で60名を超えています。

▼中野博が10月10日よりスタートする
 「エコライフメンバー@スマート(賢人会議)」ご案内はこちら
 ↓ ↓ ↓
1:会員の3大メリット

【特徴その1】
● 商品開発の賢人会議に参加【会員登録期間中、何度でも】
→ 場合によっては、報酬もあります。

  エコライフ研究所にさまざまな業界より商品開発及びモニター募集の
お話をいただいています。 依頼先は大企業からベンチャー企業、
さらには、海外の企業もあります。

 もし、あなたが 
『未来のために商品開発に参加したい!』または
『自分の考えや意見を反映したい!』などの意欲ある方は、
ぜひ、「エコライフメンバー@スマート」にご参加しませんか!

【特徴その2】
● 「エコライフ@スマート」ニュースレター 

 【毎月1回、10日前後に PDFで無料送信】

 世界の環境ビジネスの最先端事例や、中野博の取材記録を会員さま
に限定してニュースレターの中で、ご紹介します。

また、会員さまの実践事例や賢人会議で決定した商品開発や新商品の
特典なども紹介。さらには、全国各地域の会員さんの情報も紹介します。

さらに、エコライフ研究所認定講師の連載も11月号からスタートします。
10月10日号は中野博の記事のみです。


【特徴その3】

● 会員向けセミナー【年間に2回、全国6会場プラスDVDセミナー】
  →セミナー代金は半額となります。

第1回目は 11月の第4週目、第2回目は5月第4週目予定。

会場は、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡。プラスDVD映像。

セミナーの内容は、毎回ホットでスクープ的な要素も取り入れて
中野博がメイン講師となり、毎回2時間程度行います。

地域によっては、特別ゲストをお呼びすることもあります。
セミナーに参加される方は、毎回セミナー後 交流会にも参加できます。

:::::::::::::::::::::::::::::
 2:会員の費用など
・登録費用 3,000円(入会時のみ:消費税別)
・毎月会費 1,000円(毎月更新時:消費税別途)

【支払方法は3つのパターンで。更新時の際には変更できます】

  @まとめ払いは下記のように割引制度あります。


 事例その1)1年間1括払で入会された場合。
    →3,000円(登録費用)+9,500円(年間費用)

 事例その2)3回分払いで入会された場合。
    →3,000円(登録費用)+2,700円(3か月単位での費用)

 事例その3)毎月払いで入会された場合。
    →3,000円(登録費用)+1,000円(毎月費用)

【ご入金先 口座】

 三菱東京UFJ銀行  新丸ノ内支店 普通 4151446
株式会社 エコライフ研究所

▼中野博が10月10日よりスタートする
 「エコライフメンバー@スマート」のご入会手続きはこちら

エコライフメンバー@スマート
http://form.mag2.com/bouidrioso


 あなたの積極的なご参加をお待ちしています!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■〔ご案内〕→サービスはかけ算!100日間連続を達成!!
      →とうとう、4刷り!(感謝!)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サービスは「かけ算」! 中野 博 蓬台浩明 共著 価格:¥ 1,575
http://www.amazon.co.jp/dp/4492501967/ref=nosim/?tag=nakanoecolife-22
→7月3日@総合ランキング1位!
→6月2日から9月12日の100日間もアマゾン書店でベストセラー
総合ランキング100位以内に入り続けることができました!

『家づくりの教科書』 2割の成功者になるために 中野 博 ¥ 1,575
http://www.amazon.co.jp/dp/4487803527/ref=nosim/?tag=nakanoecolife-22
 →講演依頼、マスコミ出演依頼ダントツ!
[PR]
by nakanohiroshi | 2009-09-21 22:56 | about me
近況報告です。

「サービスはかけ算」が4刷りとなりました!

 アマゾンで1位を取った日を含め、100位以内を100日連続した
作品だけに、この4刷りはうれしいですね。

 取材も雑誌から2本受けました。


 そうそう、今度の日曜日 20日の19時から J-waveに出演します

 環境ジャーナリスト@中野博の「ニューヨークを語る!」

 出番は19;20前後で、1人で5-6分話をしています。

 エリア的に聞けそうなかた、ぜひ、チェックしてみてくださいね!
[PR]
by nakanohiroshi | 2009-09-17 21:16 | 感動のサービス