中野博エコブランディング :ブログ Hiroshi Nakano Blog


by nakanohiroshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

シンガポールで連載中の帝王学コラム(アジアエックス6月2日号)がアップされさましたので、下記ウェブサイトでご覧ください!

今回のテーマは、

『なぜドラッカーは日本を訪れ、渋沢栄一を研究したのか?』

読み応えありますので、ぜひお読みくださいね!

コラム内容が良ければ、ぜひコラムにもいいね!をお願いします。http://www.asiax.biz/column/kingcraft/2.php
[PR]
by nakanohiroshi | 2014-05-24 19:31 | 経営、マーケティング
【英雄を育てる指導者とは?】
《英雄》を育てる指導者とはどんな人なのでしょうか?
こんな疑問を抱いた時に、最初に浮かぶのが[吉田松陰先生]ですよね。
 そもそも《英雄》とは育てられるものでしょうか?

わたしはできると信じています。
 確かに《英雄》とは歴史が判断するもので、解釈で分かれるとの意見も多い。
しかし、《英雄》とは新しい時代を創りあげる挑戦者であることには違いない。
この点において、同じ時代に生きる多くの人にとって、《英雄》を面倒な存在、嫌な奴だと感じることもあるでしょう。
 なぜなら、多くの人は「変わることが嫌いで、今まで通りの普通がいい」から。
だからこそ、《英雄》を目指す人が少ないのではないか。
やはり、戦後教育の影響なのか、人から嫌われる事を恐れ、自分の保身しか考えない人が増えているからね。
 特に、現在の日本は、嫉妬心にあふれ、陰口・悪口を好み、誹謗中傷することを趣味とするような人たちが増えているからね。質の悪い評論家(笑)ばかりで、
 実践者が不足しているのです!
 はたして、このような《時代の雰囲気》を変えることはできるでしょうか?

私はできると信じています!
 なぜなら、《英雄》を育てる學問があるからです。
その學問こそが【帝王學】なのです。

【帝王學】とは決して、偉そうな支配者の學問ではありません。
【帝王學】とは、国を憂い、民を守るために必要な《大きな愛に満ちあふれた學問》なのです。これまでは、私たちのような凡人がこの學問を学べるなんて、ありえませんでした。
 しかし、《英雄》を必要としている現在。まさに、必要に迫られて、師匠たちは限定的ではありますが、一般市民にも教え始めたのです。
 私たちの師匠はまるで現代の[吉田松陰先生]のような厳しくも温かい、未来を見据えた上で指導される方です。この師匠に学んでいる塾生が2年半で(吉田松陰先生が松下村塾を開校した年数と同じ)すでに170人を超え、実に20人以上の《英雄》が出ようとしています。
 こうしたプロセスを知っているからこそ、私は昨年より、一般募集を開始したのです。
だから、どんな方でも【帝王學】をキチンと学べば《英雄》になれる!
《英雄》を育てる指導者にとっても、【帝王學】は重要なので、第8期生を5月23日からスタートします。
 もし、あなたが《英雄》になりたい!または《英雄》を育てたい!と思われるのであれば、ぜひ5月23日の午後に東京で【帝王學】を体験してみませんか?
 無料で体験受講できるチャンスは1度だけです。
詳細案内及び無料受講の手続きは下記サイトよりお願いします。
 http://www.gocoo.info/teiou8/
[PR]
by nakanohiroshi | 2014-05-06 08:08 | about me
シンガポールの日本語新聞で連載をスタートしました。ありがたいことに、
わたしの連載しているコラムに3,000を超える「いいね!」がついて驚いています。

これはいわゆるニュースなので(笑)久しぶりにブログにも紹介しましたよ。

ぜひ、下記をクリックしてご覧くださいね。

http://www.asiax.biz/column/kingcraft/255.php
[PR]
by nakanohiroshi | 2014-05-05 21:34 | 経営、マーケティング