中野博エコブランディング :ブログ Hiroshi Nakano Blog


by nakanohiroshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

現代の諸葛孔明に学ぶ【THE帝王學】
信和義塾大學のリーダー育成講座として、もっとも人気あるけど、
入学が難しい【帝王學】講座をあなたも体験してみませんか?

<帝王學があなたにもたらすもの>
「帝王學」とは何か。それは、東洋哲学から導かれた「時代を読み、人の才を活かす」學問です。すなわち、リスクの到来時期を知り、これに備え、人財を育成し、適材適所 の心得と極意を知る。いわば企業経営者として身に付けなければならない 「先見の明」と、「経営マネジメント」の學問です。

この「帝王學」が特徴的なところは、日本の先人たちが創り上げた武士道と、経営哲学を学び、その根源にある思想を知ることによって、個人の人格、企業としての品格を高めていく學問であることです。実際、学ぶテーマは多岐にわたりますが、たとえば、「利益最優先主義の西洋的経営思考」から、かつての日本がそうであったように、「他者を慮る東洋的経営思考」への回帰です。

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズは「禅」を学んだ企業家であり、P・F・ドラッカーは「渋沢栄一」をはじめとする日本の経営者を研究し、自らの理論を組み立てました。彼らはこの日本から多くのことを学び、自らの事業や理念を創り上げたのです。
しかし、今を生きる私たち日本人は、この日本を創り上げた先人達から何を学んできたのでしょうか?

現代の経営では、エネルギーや環境問題まで含めれば、経営者にはまさに全地球的な視点が求められる時代。こんな時代にこそ、他を排し、自利を極端に追求する経営思想ではなく、他の利益をも慮る東洋的思想を併せ持つ「真の経営哲学」の実践と、「互いに繁栄する経済」が必要です。

「帝王學」は、日本人の私たちが、自らの人格を磨いて企業を発展させ、先人の叡智と経営哲学を学ぶ現代の寺小屋であり、学び舎です。経営者の方、経営幹部の方、向上心を持つ従業員の方、これから起業を目指す方、ご愛顧されるビジネスを創造したい方は、ぜひご参加下さい。

吉田松陰のように幅広い知識と思想を持ち、諸葛孔明然とした先生の話に大きな刺激を受けることでしょう。

http://www.gocoo.info/teiogaku/taiken
[PR]
by nakanohiroshi | 2015-10-27 15:25 | 帝王學
【95万人いいね!】に感謝。
おはようございます!
朝の瞑想&散歩から戻り、旅人作家・中野博FBページをチェックしたら、
なんと、95万人のいいね!になっていました。
いよいよ100万人いいね!が見えてきました、年内に達成か?
 100万人いいね!を超えたところで、これを記念して5年ぶりに
Facebookの実践活用術セミナーを開催しますので、お楽しみに!
100万人を目指す、旅人作家・中野博FBページ
https://www.facebook.com/nakano.hiroshi
[PR]
by nakanohiroshi | 2015-10-22 08:22 | 今日の出来事
【ダブル記念日】⇒平成30年10月19日は20周年パーティー開催予定。
平成10(1998)年10月19日に最初の会社『エコライフ研究所』を設立しました。
あれから17年。多くのお客様や仕事に恵まれました。関係者の皆さま、本当にお世話になり、有難うございました。今日から18年目になります。20周年は盛大にパーティーを開催したいと思いますので、みなさん、今からスケジュールを開けておいてくださいね。

ちなみに、2つ目の会社(㈱ゴクー)で開催している信和義塾大學での【帝王學】も同じく10月19日が開催記念日(2011年10月19日開講日)なんです。こちらの関係者の皆さま、来年は5周年パーティーを開催します。
と言うわけで、今年の今日は静かに研究に邁進します。。。

株式会社エコライフ研究所のホームページ
http://www.ecohouse.ne.jp/

株式会社ゴクー
http://www.gocoo.info/
[PR]
by nakanohiroshi | 2015-10-19 07:46 | 中野博 エコアクション
【帝王學の体験講座は満員御礼】となりましたので、ご参加の受付は
終了いたしました。しかし、今回募集の第11期生は11月11日に開講しますので、
今回チャンスを逃した方はご安心ください。
 次回11月11日の第1回目の講座のみ、無料で体験受講ができます。
【帝王學】にご関心のある方は、この機会体験してみませんか?
来週月曜日(10月19日に)に詳細及び申込み手続きのページがアップしますので
よろしくお願いします。(現時点での予告ページが下記です)
http://www.gocoo.info/teiogaku/taiken
[PR]
by nakanohiroshi | 2015-10-17 07:30 | 帝王學

神に誓いを立てる。

小雨降り凛とした静けさを醸し出す山王日枝神社より、旅人作家のヒロシです。
この日枝神社(ひえじんじゃ)は、江戸三大祭の一つで、山王祭が行われます。
大山咋神(おほやまくひのかみ)を主祭神とし、相殿に国常立神(くにのとこたちのかみ)、伊弉冉神(いざなみのかみ)、足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)を祀り、東京都を守ってくれています。

創建の年代は不詳ですが、文明10年(1478年)、太田道灌が江戸城築城にあたり、川越の無量寿寺(現在の喜多院・中院)の鎮守である川越日枝神社を勧請したのに始まるといわれています。徳川家康が江戸に移封されたとき、城内の紅葉山に遷座し、江戸城の鎮守とした。

東京を愛するみなさんは、定期的に参拝し、お布施しましょうね!
今日は夢御殿で誓いを立ててきました。
今日は雨のせいか?朝早くだったからか?私1人がご祈祷でした。
もったいないほど贅沢な時間でした。お礼として次回は仲間たちとご祈祷に行きます。
[PR]
by nakanohiroshi | 2015-10-16 19:16 | 今日の出来事
Q:なぜ【帝王學】では、『易経』までも学ぶのか?

『当たるも八卦(はっけ)、当たらぬも八卦(はっけ)』とはよく言ったもので、
未来を読み当てることはとても難しいもの。

しかし【時の流れ】を読み解き、天のメッセージを受け取るためにも
必要なものとして64種類の卦を使っての分析が4,000年以上前から行われています。

 【人生の節目に、易経の教えを活かせ!】
『易経』は古代中国では『帝王學実践哲学の書』と言われ、
運命を打開するために必要な実践的な哲学が書かれている書だったのです。

哲学ですから、【思考力】と【創造力】が重要です。

 この『易経』は「すべては同じ法則性をもって変化していく」
と教えていますが、どういうことなのでしょうか?

『易(えき)』とは変化を意味しています。
『経(きょう)』とは、ものごとの筋道を意味します。

 『易経』は【時】と【状況】の変化に応じて、自然に合わせて、
ありのままに生きることの大切さを教えています。

 この意味がわかりますか?
 例えば、
『人生には必ずターニングポイント、つまり人生の節目となる時が来ます!』

これは人が成長していくための分岐点となる時期です。
この時に、取るべき選択を誤ると、その後の人生ががらりと変わり、
とんでもないことも起きてしまいます。
だからこそ、【時の読みと選択】が重要なのです。

 【帝王學】には120科目も学びますが、
その中で『易経』も学ぶ理由の第1は
経営者や政治家をはじめリーダークラスが
《時読みを間違えたら》、企業が滅び、国家が滅びるからです。

 リーダークラスではなくて、家庭人でも同じこと。
いま、日本では多くの家庭が滅びていき、子供たちも未来に対して
【夢がなくなって】いるのは家庭での教育者である親が
【時読み】ができないだけではなく、
【人読み】までもできなくなったことが大きい。

【人読み】とは、人の【気性】を知る學問をおろそかにしたからです。
【帝王學】の学科の中で、この人を理解するための
【九星學】までも入っているのは、まさに社会で最小単位の
【家庭】を守るためでもあります。

【家庭】【企業】【地域】【国家】【地球】を
守るための學問の1つが『易経』であり、
『易経』までも【帝王學』を通じて学んでいただくことで、人格が向上します。

 国を治める帝王(現在では、経営者や政治家などリーダークラスの意味)であれば、
『目に見えないものを見る目』と「諫言を聞く耳」を身につける人格を必要になりますからね。
 だからこそ、私たちは1人でも多くのリーダーを育成して輩出して、
日本と言う国家を立て直すために、
4年前から【帝王學】講座を大物の師匠をお呼びして開催し続けているのです。

 ようやく300人もの塾生が学び、その中から50人以上の人格者が現れました。
 あなたも、そんな素敵な仲間に入りませんか?

 少しでも、この學問と人格者が多い仲間に関心があれば、
1度だけある無料説明会に参加してみませんか?

開催日=2015年10月21日(水)
時間=13:15~16:40 講義時間

詳細及び申込み手続きは下記よりお願いします。

http://www.gocoo.info/teiogaku/
[PR]
by nakanohiroshi | 2015-10-14 05:24 | 経営、マーケティング
帝王學では、なぜ 易経までも学ぶのか?

Q1:あなたは日本人ですか?
そうであれば日本人とは、どんな存在なのか?答えられますか?

Q2:日本とはどんな価値がある国なのか答えられますか?

私たちが主宰する《信和義塾大學校》での最高峰【帝王學講座】は
日本人としてのプライドを持ったリーダー育成研修プログラムです。

もし、あなたが『日本人とは何か?』 『日本とは何か?』興味があれば、
【帝王學】に触れてみませんか?

「帝王學」とは何か?
それは、東洋哲学から導かれた「時代を読み、人の才を活かす」學問です。
現在においては、帝王学は、日本人の私たちが、自らの人格を磨いて企業を発展させ、先人の叡智と経営哲学です。

すなわち、リスクの到来時期を知り、これに備え、人財を育成し、適材適所 の心得と極意を知る。いわば企業経営者として身に付けなければならない 「先見の明」と、「経営マネジメント」の學問です。

この「帝王學」が特徴的なところは、日本の先人たちが創り上げた武士道と、経営哲学を学び、その根源にある思想を知ることによって、個人の人格、企業としての品格を高めていく學問であることです。

経営者の方、経営幹部の方、向上心を持つ従業員の方、これから起業を目指す方、ご愛顧されるビジネスを創造したい方は、ぜひご参加下さい。

吉田松陰のように幅広い知識と思想を持ち、諸葛孔明然とした先生の話に大きな刺激を受けることでしょう。

武士道精神から孫子の兵法、さらには世界に通じる経営哲学を学びたい方はぜひ無料体験に参加してみませんか?

開催日=2015年10月21日(水)
時間=13:15~16:40 講義時間
詳細及び申込み込み手続きは下記です。

http://www.gocoo.info/teiogaku/taiken/
[PR]
by nakanohiroshi | 2015-10-13 05:50 | 帝王學