中野博エコブランディング :ブログ Hiroshi Nakano Blog


by nakanohiroshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

夏はシックカーにご用心!



・シックカー症候群が交通事故を引き起こす!?

  「エンジンを回し発車する前に、すでにあなたの自動車室内には危険がいっぱいだ!」

こんな事を聞いたらあなたは何が危険だと思うだろうか?

  実は、私は住宅分野で数々の室内空気品質(IAQ: Indoor Air Quality)の問題を10年ほど前より提起し続け、これに関する書籍を10冊書いてきた。もしかしたら、あなたは「シックハウス」と言う言葉を聞いたことがあるかもしれない。


  初めてという方も、まだまだ日本では多いと思う。このシックハウスと言うものはとても身近な危険な問題なので、シックカー問題同様に理解を深めて欲しい。

  なぜならば、まさに、あなたが生活している住まいにひそむ危険な問題なのだから。住宅に使われている数々の材料にはあなたの健康を危険な状態にする無数の有害化学物質が使われている、これが原因で起きる症状が、シックハウス症候群なのだ。


  住宅業界では、今では多くの住宅会社が有害な化学物質を極力使わないようにしよう、と努力をしてきたために、少しずつ効果が出てきて、10年前よりも新築住宅に関しては安全性が高まってきた。


  しかし、自動車はどうだろう?

  あなたの車の室内は安全と言い切れるだろうか?

自動車工業会は2007年モデルの新車より、住宅業界にならって、自動車に使われる有害な化学物質を極力使わないようにしようとのガイドラインを発表した(厚生労働省の基準に従う形です)。

 と言うことは、現在の新車はどれも有害な化学物質が使われていると言うことを市民に宣言したことになる。

シックカー症候群の現象としては、「くしゃみがよく出る」「なんとなく鼻がつんとする」「頭が痛くなる」「運転中やけに眠くなる」「無性に飛ばしたくなるほどイライラする」『ハンドルを握ると性格が変わる』などが主な諸症状です。


こうした諸症状が出るのは、自動車室内の有害化学物質があなたの神経を犯しているからなんです。

この結果、睡魔が襲う、切れやすくなりスピードを異常にあげてしまう、道路上で無理な割り込みをする、他人を必要以上にあおり暴走する、など数々の危険な行為につながり、結果として交通事故という悲劇が後を絶たないのです。

シックカーの問題はこれだけではありません。
ただ乗っているだけでも、次の実話のように殺人の凶器にもなってしまうのです。

もし、あなたが自動車で出かけるのであれば、この
シックカー問題は知ってほしいですし、対策をとってくださいね。

私が命がけで書いて出版した本が、これだったんです。

1人でも多くの方を救いたくて。1つでも交通事故を減らしたくてね。

『新車は化学物質で汚染されている!―シックカーは怖い』
中野 博  価格:¥ 1,470(定価:¥ 1,470)
http://www.amazon.co.jp/dp/4774507989/ref=nosim/?tag=nakanoecolife-22

 この本はマスコミ14誌に取り上げられ、私はマンガにも登場しました。

 それほど、2006年出版当初は衝撃的だったようです。

シックカーがらみの
コンテンツはすべて私が出したこの本からの引用だらけです。

 ネットで検索すると、おもしろいくらいシックカーの記事がでるように
なりました。

 環境ジャーナリストとして、1999年に言葉をつくり、2001年に
最初の本を出版し、世の中が動き始めて、2006年の下記の本で自動車
業界も本気で新車の開発にはシックカー対策をスタート。

でもね、いま、あなたが乗っている車は まだシックカーの原因
物質がたっぷり入っていますので、ぜひ、換気には気をつけて、
日陰においたりするなどして気をつけてくださいね。
[PR]
by nakanohiroshi | 2009-07-23 07:45 | シックカー(自動車室内汚染)