中野博エコブランディング :ブログ Hiroshi Nakano Blog


by nakanohiroshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

エコデザイン、ロハスデザイン、エコ断熱が支える!

中野博の本音でエコトーク
【2007年の住宅業でのロハス&エコトレンドを勝手に占います!】
 中野博は、最近講演会や企業内の研修会などで、エコデザイン及びロハスデザインに多くの人々が関心を抱いていることを話している。
 一言で、エコデザイン及びロハスデザインを支える哲学と言うか信念には、すさまじいほどモノづくりや社会正義にかける経営者の想いがある!
 
3年ほど前から、企業内研修では、「モラル経営(CSR重視の経営)」をしよう!との話をさせていただいた。このような話はもう長いこと言い続けてきたが、中々できそうでできないものらしい。
 経営理念が「いい家を建てること」なのか、「儲けるための家作り」なのかで経営感覚はまったく異なるものとなる。
 これまで、住宅業界の経営者には2000人近く会ってきたが、経営理念が「いい家を建て続けて、極める」と言う経営者は残念ながら、少数派である。

 私は、今年2007年より、業界内部だけでなく、一般消費者にも問う決意をした。つまり、エコロジー重視もしくはロハスピープルには絶対外せなメガトレンドとして、私は環境断熱・ECOボードの話を紹介したい。
【実は1年半前から住宅業界専門誌ではこの内容は発表している!】

エコハウスに住みたい―環境と未来の子供たちのために
中野 博 松岡 浩正 / 荒地出版社
スコア選択:

・ 2007年は環境断熱ECOボードで決まり!
これまで数々のこうしたメガトレンドになる前の小さなトレンドを引き起こしてきた事を自負する私が今後5年間で確実にメガトレンドにするものは「環境断熱ECOボード」である!
間違いない!正しいものこそが最後にはスタンダードになるべきだからだ。

 この断熱材は日本の家づくりが根底から変わると言えるほどのインパクトがある。この断熱材がメガトレンドになる理由は大きく10点である。
①100%エコ素材であること
②外張り断熱工法が大きく普及してきたこと
③「外か内か」との水蒸気議論を無意味にするレベルの性能があること
④火事に対する抵抗値が高く、防火認定が自然素材でありながら取得できたこと
⑤通気層を必要としないこと、つまり通気層により火災のリスク、水蒸気のリスクをなくしたこと(通気胴縁を不要としたこと)
⑥高断熱・高気密住宅は10年以内に劣化するが、その劣化を防ぐメンテナンス性能を持っていること
⑦ドイツの高いレベルの技術により超耐久力を兼ね備えていること
⑧外壁を美しくすることができるだけの断熱材システムを持っていることにより、概観のデザインの自由度を与えてくれること
⑨メガトレンドが「脱塩ビ製品」だけでなく、今後は「脱・石油系製品」となるだけに、消費者特にロハス層にこの価値を伝えやすく、当初の5年間ほどは大きな差別化になる(やがて大手が参入し、町の工務店もすべてが使用し、常識になるだろうが)
⑩10年以内には、石油系断熱材メーカーを選ぶ工務店が皆無になるほどの社会現象が起きる。いや、これを仕掛けるのが私の役割か?

 住宅会社が、家作りの総合プロデュース業である限り、適者生存するために、メガトレンドをしっかりと受け止め、適切な選択と集中を行うことで、地域で愛され必要とされる企業であり続けて欲しい。
 先入観やいままでの常識を捨て、ぜひ「脱・石油系断熱」時代に一歩前へ動こう。
 
 それこそが、「モノ作りに対する理念であり」建築会社としての「いい家を建てたい!」とする真摯に挑戦しつづける意地ではなかろうか?

天然素材でつくる健康住宅―リフォームで脱シックハウス!
中野 博 / 日本実業出版社
スコア選択:
[PR]
by nakanohiroshi | 2007-01-26 23:03 | エコデザインハウス