人気ブログランキング |

中野博エコブランディング :ブログ Hiroshi Nakano Blog


by nakanohiroshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

自動車内で幼児を亡くさないように③

中野博のシックカーの本より抜粋して紹介

【買い物をする時はたとえ寝ていても乳幼児は連れて行け!】
 こうした事件を根本からなくす為の自動車自体の問題は第5章で論じするとして、これより人間の問題として、まずは多くの実際に起きた乳幼児置き去り車内死亡事件の数々を紹介していく。
 現在の自動車のすべてに共通しているのは、車中に乳幼児やペットを置き去りにしておけば、死が待っている!と言うこと。そして、数々の事件が裁かれた裁判所の判断では、保護責任者遺棄致死の責任が問われた場合、最高量刑は懲役15年となる。
 これは日本の刑法の中でも最も重い部類に入る。(本人は故意ではないかもしれないが、中には未必の故意もなかにはあるようだ。つまり、車中に置き去りで死んでいる子供がいるようだけど、まー大丈夫だろう、と車を離れ、パチンコや買い物などに夢中になっているあまりに、死ぬかもしれないけど、その時はどの時だ、と開き直るような心理状態の親である場合も事件の中には感じられる)
事件をみていこう。
 岐阜県池田町の主婦(20)から「駐車場に止めた車の中に寝かせていた長男の様子がおかしい」と 119番通報があった。消防署員が同県大垣市内のレストラン駐車場に急行し、 長男を病院に収容したが、熱射病のような症状で間もなく死亡した。
 大垣署の調べでは、主婦はこの日午後二時ごろ、車の後部座席のチャイルドシートに一歳十か月の長男を寝かせ、 後部の窓を約五センチ開けてドアをロックし、近くの書店に立ち寄った。 約一時間後、車に戻ったところ、車内で長男がぐったりしていたという。
 消防署員によると、長男の体温は42度あった。この日は晴れで、午後二時の外の気温は20・8度。同署は、駐車場に屋根がなかったため 車内の温度が上昇し、脱水症状を起こした可能性があるとみて、主婦から事情を聞いている。

パチンコ中の両親に車内に放置された幼児が死亡する痛ましい「車中死」事故が5月14日、熊本市内で発生していたことが分かった。新聞各紙が報じた。 報道によると、事故を起こしたのは20代の両親。18日までに保護責任者遺棄致死などの疑いで熊本東署が事情聴取を行っている。
 解剖の結果、死因は熱中症。幼児は14日午前10時から午後3時までの3時間ほどを車内に放置されていたという。事故当日の最高気温について報道では、午後3時ごろに26.9度が熊本地方気象台で観測されたとしている。

群馬県高崎市上並榎町、無職Aさん(27)方の乗用車の中で、長男(2)と次男(1)がぐったりしているのを母親(18)が見つけ、119番した。二 人は病院に収容されたが、既に死亡していた。
 高崎署の調べによると、午後零時二十分ごろ、母親が、掃除の邪魔 になるからと兄弟を駐車場内の乗用車の後部座席に乗せ、エンジンとエアコンをかけて部屋に戻った。約二時間後、車に行ったところ、バッテリーがあがってエアコンが切れていた。このため、二人がぐったりしていたという。 この日の同市の最高気温は三十一・七度。

 ここ数年、少しの間だからとエアコンをかけた車内に幼児を放置し、バッテリーがあがってエアコンが切れて熱中症などにより、乳児を死亡させてしまうという痛ましい事故が増発している。
 子供は自分の身に迫る危機を回避することが出来ない。保護者であるはずの親がそれを忘れ、子供達だけにしてしまうことはとても危険なのだ。
 では、炎天下の車内はどれくらい温度が上昇するのであろうか。 
財団法人日本自動車連盟(JAF)の実験では、最高気温三十二度の炎天 下に駐車した車内の温度は、約三十分で五十八度に達するという。
 車内温度が58℃以上にまで上昇した車内においておかれれば大人でも意識不明になる。ほんの少しだから、エアコンをかけているから、という軽い気持ちが取り返しのつかない事態を招いてしまったのが、あまりにも多い。
 車内温度が上昇するのはボディが熱を通過するからではなく、ダッシュボードなど室内の内装材やインテリア材などが温められ、それが車内の空気を暖めていくのだ。それが、炎天下になれば、たとえエアコンが回っていたとしても車内温度もぐんぐん上がっていき、60度を超えるのも珍しくない。
 買い物に出かけるときはきちんと車を駐車場に入れ、子供も連れて行く。パチンコに行く時は必ず大人の手(家族、近所、託児所など)に子供をゆだねてからにする。
 こんな簡単なことで大切な命は守れるのだ。
 一時の楽しみとあなたの子供の命。どちらが大切ですか?
新車は化学物質で汚染されている!―シックカーは怖い
中野 博 / 現代書林
スコア選択: ★★★★★

世界で初めてこのシックカー問題を指摘した問題作であり、自動車業界に新しい価値観を提言した新作です!
by nakanohiroshi | 2007-08-06 20:46 | シックカー(自動車室内汚染)