中野博エコブランディング :ブログ Hiroshi Nakano Blog


by nakanohiroshi

2006年 02月 21日 ( 1 )

 今回のロハスをメインにした取材の最後にきれいな海の写真を紹介しよう。
(失礼!けっこう日に焼けちゃってますね。)
日本で楽しく泳げて遊べるきれいな海はないよね。沖縄とか日本海の一部も季節限定では候補になるけど、やっぱりもぐってみると今一だったりする。
 美しい海は日本でいつか見る日があるのだろうか?
c0004180_14415749.jpg


 こちらのビーチにはアメリカ、ヨーロッパ各国の人たちだけでなく、日本人もけっこうたくさんいた。しかし、大半はハッピーリタイアメント組み。
 働き盛りのビジネスマンももっと大自然で遊ぶといいのでは?
遠くはなれた楽園のような場所から日本を憂うのではないだろうか?
 いかに日本の自然が失われつつあるか、いかに海が汚れているか?
 この汚れた海や川や山や湖をそのままにしておいて、海外の治安も良くて物価も安い国々へただ移動するだけでよいのか?と言う素朴な疑問がわいてくる。
 c0004180_14454974.jpg


 『日本は金を稼ぐところだけど、住むところではないなー!』と60代の数人のオヤジたちが美しいビーチで楽しんでいる。彼らは、年金や退職金などにより時間と自然界を謳歌しているのだが、何かおかしくないか?
 でも、こうしたハッピーリタイアンメントを促しているのも、ロハスだったりするよね。
アメリカにはそういたロハス的なプランを推薦するセミナーや書籍や雑誌がどっさりある。少しロハスにつかりすぎたようだ。
 さー、帰国するぞー。寒い日本へ。
 
[PR]
by nakanohiroshi | 2006-02-21 08:38